Home > 妄想やおいニュース > 男子高校生2人、団地14階から飛び降り自殺

妄想やおいニュース

男子高校生2人、団地14階から飛び降り自殺

21日午後5時40分ごろ、東京都北区豊島5丁目の公団住宅(14階建て)から男性2人が飛び降りた、と住民から110番通報があった。2人は団地内の路上に倒れ、間もなく死亡した。警視庁によると2人は埼玉県内の別々の高校の生徒で、一緒に飛び降り自殺を図ったとみられる。

男子高校生ふたりが失楽園です。二人で死ぬということはある意味で美しい愛の最終形態かもしれませんが、どんな苦しい状況でも二人一緒だから乗り越えられるよね、というのが真(まこと)の愛なので、いくら男同士ということが周りに認められなくても死んではいけません!その後ろめたさがあるからこそいいんじゃないですか!

王子署の調べでは、死亡したのは東京都小平市に住む狭山市内の私立高校2年生(16)と新座市内の県立高校2年生(17)。私立高校の生徒の手帳に両親あてに「勉強と吹奏楽部について行けなかった」、吹奏楽部あてには「ここまでやれたのはみんなのおかげです」などと書かれたメモが残されていたという。

勉強と吹奏楽部についていけなくても君には愛する少年がいたんじゃないのか!

14階の通路には2人の革靴とスニーカー、かばんや携帯電話が残されていた。双方の親とも2人の関係を知らないと話しているという。

秘密の関係なので知らなくて当然です。親にあんたの息子は男が好きとか高校生という不安定な時期に言える訳ないでしょう!察してあげてください。
それよりも革靴とスニーカーと二人の履物が違うポイントは吹奏楽部の私立高校生が革靴で県立高校生がスニーカーですこれ絶対そうです決定事項ですセンター試験にでます。真面目一直線の吹奏楽部の私立高校生に、青春謳歌中の県立高校生が一目惚れして、吹奏楽部の私立高校生は県立高校生に勉強以外の楽しい高校生のアソビとかもちろんエロいこととかも教わりうっとおしいと思いつつも愛が芽生えていったのです。
ココまで書いて秋月こおの「やってらんねぇぜ!」思い出した(;´Д`)

Amazon:やってらんねぇぜ!

Home > 妄想やおいニュース > 男子高校生2人、団地14階から飛び降り自殺

Return to page top