Home > 妄想やおいニュース > 小学男児をTVゲームで誘いわいせつ行為

妄想やおいニュース

小学男児をTVゲームで誘いわいせつ行為

お、久々のZAKZAKな気が。

マンションに小学生の男児2人を連れ込み、下半身を触ったとして、埼玉県警所沢署は9日、強制わいせつなどの容疑で東京都東村山市秋津町の会社員の男(53)を逮捕した。

53歳にもなって、ふたりも連れ込むなんて欲張りはいけません。二兎追うものは一兎も得ずと教わらなかったのでしょうか。

近くのゲームセンターで「部屋に面白いゲームがある」と声を掛けたという。男児らは「ほかにも同級生ら十数人が出入りしていた」と話しており、同署は余罪を追及する。
調べでは、男は昨年10月、所沢市下安松のワンルームマンションに当時小学6年の男児2人を連れ込み、下着を脱がせて下半身を触った疑い。男は「遊び半分でやった」と認めているが、詳しい供述はしていないという。
2人は約10−20回連れ込まれ、口止め料として1回1000−2000円、計約1万5000−3万円を受け取り、ゲームセンターで使ったと話しているという。マンション室内にはゲーム用のテレビ3台とパソコン3台、ゲームソフト約60本があった。

テレビ3台、パソコン3台、ゲームソフトが60本というのはさして珍しいことではないですので、そんな程度で大人を見せ付けて男児を誘惑なんて、あまりにも短絡的で53歳定年間近の男がやったとは思えないくらいなのですが、男児たちのハートは掴んでしまったようです。連れ込み成功回数数十回、しかも1回2000円ポッキリと非常に安価で、自分の部屋を男児ハーレムにできます。

男児らが通っていた小学校で「お金をもらって遊べる場所がある」とうわさが広がり、学校側が同署に相談、発覚した。

しかし、2000円は口止め料には安すぎですよね。男児だってそうバカじゃないです。

Home > 妄想やおいニュース > 小学男児をTVゲームで誘いわいせつ行為

Return to page top