Home > 妄想やおいニュース > 小3男児、右手つかまれる

妄想やおいニュース

小3男児、右手つかまれる

2日午前8時すぎ、大阪市生野区の路上で、近くに住む小学3年の男子児童(8つ)が車から降りてきた男2人のうち1人に無言で右手をつかまれ、車に乗せられそうになったが、手を振りほどいて逃げた。けがはなかった。生野署は暴行容疑で2人組の行方を追っている。調べでは、手をつかんだ男は短髪で中年。2人組は白っぽい乗用車に乗っていたという。

男子児童(8)でも(8歳)でもなく(8つ)です。小学三年生を愛でる記事です。
二人組みの男も小学三年生に振りほどかれる程度なので、車に連れ込むというより腕を掴みたかっただけと思われます。でも掴んだのは一人だけなので、車に戻ったあともう一人が短髪中年男性のほうに感触とか肌のきめとか弾力とか詳しくきいていると思います。

男児は登校途中で、学校に行き、担任の教諭に報告。学校から同署に通報があった。現場は市営地下鉄千日前線小路駅付近の住宅地。

「せんせぇー、学校くるとき知らん人に腕つかまれたー」「へー、そうかー。そしたら先生も腕つかんだろかー」「せんせぇーなにすんねん」という会話が脳裏に。

生野区内では6月中旬にも、小学校低学年の男児が男に腕をつかまれ、車に乗せられそうになる事件があり、同署は関連を調べている。

なぜかこのニュースは腕をつかむことばっかり重要そうに書いてあるので、この記事書いた人も小学三年生の腕を掴みたいという憧れを持って書いているに違いない。

Home > 妄想やおいニュース > 小3男児、右手つかまれる

Return to page top