Home > 妄想やおいニュース > 一宮市で車の父子CO中毒死

妄想やおいニュース

一宮市で車の父子CO中毒死

そういえば兄弟関係には色々と萌える人が多いのに親子関係ではあまり萌える人いないなー。
血の繋がった弟(妹)とか血の繋がらない弟(妹)とか遠縁の兄(姉)とか。さすがに親にはそういう感情より違う感情のほうが大きいってことでしょうか。でも親はよく自分の子供に異常な感情を注いだりするパターンはありますよねー。
ってなわけで、父親と息子の情事です。

二十日午前十一時十五分ごろ、愛知県一宮市平島二丁目の路上で「エンジンが止まった車の中に男性二人がおり不審だ」と住人から一一〇番通報があった。一宮署員が駆けつけ、車内を確認したところ、二人は既に死亡していた。

エンジンが止った車の中に男2人がいたら不審なんですか?110番するほどアヤシイですか?その辺の基準がよくわかりませんけども、エンジンが止った車に男女がいてカタカタ揺れていたらそっちを見ないようにして放置してあげるのと同じく、エンジンの止った車に男2人がみつめ合っているのを見つけても察してあげてほしかったです。「キャァーホモよー!」と喜んでもいけません。
いや、まぁ、死んでるんだけどね。
しかし男2人が車の中にいる程度で110番されちゃーリアルゲイの方は苦労するなぁ~とかいらん心配してみたり。

調べでは、二人は名古屋市西区の男性(53)と同市東区に住む長男(21)の親子。いずれも一宮市内の運送会社に勤めていた。車は父親所有のワンボックス車で、死因は一酸化炭素中毒だった。

2人で愛の心中ですか?愛の失楽園ですか?この年で本気の愛なんだとか?2人つながったまま死のうとか?しかし年が離れすぎですね。長男はちょっと微笑んで服の胸をはだけさせるだけで世の男はトリコとかいうレベルの美少年(誘い受け)だったんでしょうな。

二人は十九日午後二時ごろ、一宮市内のレストラン駐車場で、車のマフラーをぶつけたため、同五時ごろ、損傷したマフラーを勤務先で自ら修理した。仕事を終え、同九時に会社を出ている。
家族などの話では、二人は車中で仮眠を取ることが多かった。車のガソリンが空になっており、同署では、マフラーの修理が万全ではなく、親子が仮眠中に継ぎ目などから排ガスが漏れて車中に入り込み、中毒を引き起こしたとみている。

2人は車で情事が多かったのかぁ~何度も逢瀬を重ねた訳ですね。継ぎ目から排ガスがもれるようにしておいて心中ですよ。失楽園ですね!

  • 2002-01-22 (火) 1:01

Home > 妄想やおいニュース > 一宮市で車の父子CO中毒死

Return to page top