Home > 妄想やおいニュース > Oh God!神父の性的虐待続々発覚

妄想やおいニュース

Oh God!神父の性的虐待続々発覚

成人信者だけで500万人を超える米国のカトリック教会が揺れている。東部ボストン大司教区で発覚した元神父による少年の性的虐待事件を契機に、各地で同様の事件が次々に暴露されているためだ。

ゲイのエロ神父が少年を食っていたそうです。なんとなく風と木の詩とかの昔の少女マンガを思い出してしまいました。

発端となったボストンの元神父(66)は先月、禁固9-10年の有罪判決を受けた。フロリダ州パームビーチでも8日、司教(63)が25年前に教会学校の生徒に性的虐待をしたことを認め、辞任した。

つーかフロリダなんてゲイの街だろー。家族に性癖が理解してもらえなくてフロリダの金持ちのゲイんとこに居候してる少年もいっぱいいるんだからさ、別にそれは虐待ではないんじゃない可能性もあると思うな、おねえさんは。

さらにロサンゼルス、セントルイス、ピッツバーグなどで、性的虐待の疑惑のある神父が大量に「配置換え」になった。

そんなにいっぱいエロ神父がいるのかよ!うわーなんか耽美な話がかけそうだな~

従来、神父の性的不祥事逸脱を秘密裏に処理してきたカトリック教会も、内外の批判を受けて方針を転換。ボストンのバーナード・ロー大司教は公式の場で謝罪するとともに「聖職者による性虐待は絶対に許さない」との声明を出し、警察当局に80人以上の問題神父の名前を通報するなどの是正措置を取った。しかし「たるの中に腐ったリンゴが見つかったのではなく、たる自体が問題だ」(ノートルダム大神学部リチャード・マクベイン教授)と、教会のあり方そのものを問う指摘も出始め、教会側に自己改革を迫る声は今後、一段と強まりそうだ。

昔からあったんだ!神父が少年を食っちゃうのって!まぁ少年はカワイイからなぁ~。実際、ショタ趣向(少年愛)が粋な遊びだった時代もあったんだしなぁ~。
でも、昔のヨーロッパの寄宿学校を舞台にしたようなマンガでは結構あった設定だけど、マジであったなんて、おねえさんビックリだよ~。

Home > 妄想やおいニュース > Oh God!神父の性的虐待続々発覚

Return to page top