Home > 妄想やおいニュース > 男子児童30人全裸で指導、小学校が謝罪 兵庫・川西

妄想やおいニュース

男子児童30人全裸で指導、小学校が謝罪 兵庫・川西

今日はいろんなひとにニュースをタレこんでもらいました。もちろん全員このニュースです。このニュースはそんなに大ニュースですか。更に家に帰ってからもいろんなひとがタレこんでくれまして、合計で10人くらいの方にこのニュースを教えていただきました。どうもありがとうございます。でも多分世間的には全然大ニュースじゃないと思うんですよ、コレ。だからあんまり大騒ぎしない方がいいと思いますよ。大騒ぎするとショタと間違えられますよ。もしかしてこの10人くらいの人は全員ショタコンだったのか!うわ!気づかなかったよ!くそう!

兵庫県川西市の市立多田東小学校(竹中登代子校長)の5年生が今月初旬、同県青垣町へ林間学校に行った際、男性指導補助員(21)が男児約30人を全裸にして走らせるなどしていたことが12日、分かった。この指導は3回にわたって行われたという。竹中校長は事実関係を認め、「人権を無視した行為だ。監督不行き届きだった」とし、保護者宅を回り個別に謝罪している。

5年生ということは10歳および11歳ですね!10歳及び11歳が約30人連なって全裸で走ってる姿を想像すると萌・・・・おもしろいじゃないか。しかも3回もこんなおもしろいことやってますよ。つか女児はどこにいったんだ。鑑賞ですか。女児に鑑賞させて男児を羞恥プレイですか。○○君と○○君ってばすっごい仲良く走ってるのー萌えーとか言わせてますか。そうやって腐女子を育成してますか。

同小学校や川西市教育委員会によると、6月3日から8日にかけて青垣町の丹波少年自然の家で、5年生の児童143人が校外学習をした。この男性指導補助員は特に公的資格を持たないアルバイト。期間中、学校側から依頼され指導を担当したという。児童に「風呂が時間通りに終わらなければ、そのまま上がらせるぞ」などと言っていたという。

男性指導補助員って、学校が雇った調教師ですか。女児は腐女子育成、男児は調教とは、すごい学校ですね。その栄誉をたたえ、この学校をやおい小学校と呼びましょう!

男性指導補助員は4日は入浴時間が長かった7人を廊下で走らせ、6日は着替えの際靴をバラバラに脱いだ児童3人を脱衣所から出させた。さらに7日は風呂に入るのが遅れた子どもがいたため「連帯責任だ」といってクラスの男児ほぼ全員を裸のまま廊下を走らせたという。この際、同行した教諭が目撃したが、「走り回っていたのでふざけていると思った」と止めなかった。しかし泣いていた児童もいたことから学校に報告したという。

しつけに調教を絡ませています、男性指導補助員。21歳の癖にプロですね。やおい小学校は謝罪していますが、それもこれも保護者のしつけがなってないせいなのです。最近は子供に甘い親がおおいので、そんなことでは日本はダメになってしまうのです!そんな日本を救うために現れた救世主!それが男性指導補助員なのです!

ある保護者は「子どもに『死ね』などと言ったとも聞いた。指導にしてもひどすぎる」と話していた。

「死ね」はダメですよ。子供は天使です!貴重なのです!ほっとくとすぐ生えてしまいます。なので、どうせなら死ぬのは生えてからにした方がいいと思います。

Home > 妄想やおいニュース > 男子児童30人全裸で指導、小学校が謝罪 兵庫・川西

Return to page top