Home > 妄想やおいニュース > 少年を鎖で縛った義父逮捕

妄想やおいニュース

少年を鎖で縛った義父逮捕

三重県警津署は14日、妻の長男の無職少年(15)の手足を鎖で縛ったとして、逮捕監禁の疑いで津市上浜町、義父で作曲家の宮脇広之容疑者(43)を逮捕した。
同容疑者は、しつけのためなどと供述しているが、顔などには殴られたあとがあるため、虐待の疑いがあるとみて詳しく事情を聴いている。長男は児童相談所に保護されている。

少年の手足を鎖で!!
15歳多感な少年をいたぶる作曲家の義父!な、なんか詩的で倒錯的な世界ですね!

調べによると、宮脇容疑者は12日午後9時半ごろ、自宅の洗面台横の配水管につないだ鎖で長男の手足を縛り、13日午後9時ごろまで自宅内に閉じ込めた疑い。鎖は約6メートルあり長男は鎖と数個の南京錠で手足が縛られたが、トイレなどには自分で行くことができたという。

鎖で軟禁!!鎖と南京錠!さすが作曲家!倒錯的世界のポイントをわかっています!すばらしい!ブラボーーー!完璧すぎます!

調べに対し、宮脇容疑者は「万引をしたり、おやつを食べては駄目だといっても食べるなど注意を聞かなかったため縛った」と容疑を認めている。さらに約1年前から注意を聞かなかった場合は同様に縛っていたと供述している。宮脇容疑者のマンションの隣人から13日午後8時半ごろ、大家を通じて「叫び声がして子供が閉じこめられているようだ。助けてやってほしい」と通報があったことから、事件が明らかになった。

万引きとかおやつとか、そんな小さなことにかこつけて、少年を鎖で緊縛、軟禁、そして犯す・・・
いつしかそんな倒錯的な生活が日常になっていくが、少年は決して義父に屈することはなく、いつもその目は義父を睨み付けていた。そんなしたたかな少年の姿がますます義父を燃え上がらせるのだった・・・。

Home > 妄想やおいニュース > 少年を鎖で縛った義父逮捕

Return to page top