Home > 妄想やおいニュース > 高架から自殺図った男性をキャッチし救助

妄想やおいニュース

高架から自殺図った男性をキャッチし救助

てゆうか、<お巡りさん>っていうジャンルはどうかと思う。

2日午後7時半ごろ、埼玉県草加市氷川町の東武伊勢崎線草加駅近くで、「線路脇を男性が歩いている」という通報で駆け付けた草加署地域課の神智人巡査(26)が、高さ8メートルの高架から転落した男性を両腕を広げて受け止めた。2人とも転倒したが、男性はコンクリートの車道で額を打ち軽傷を負っただけで命に別条はなかった。神巡査は左足に軽い打撲。

運命の出会いです。俺を救ってくれたアイツに恋しちゃう瞬間です。

同署の調べでは、男性は40歳ぐらいで、体重約70キロ。自殺を図ったらしい。一方、神巡査は柔道初段で体重100キロの巨体。2月に警察官になったばかりで、7月29日に同署に配属になり、4カ月の研修を経て、前日から交番勤務だった。
神巡査によると、高架の防護壁の上に人が立っているのを見つけた通行人が交番に駆け込み、神巡査は一人で約100メートル離れた現場に駆け付けた。男性に「何をしているんだ」と叫んだところ、大の字になって飛び降りてきた。神巡査は「とっさに体が動いて男性を受け止めた」という。

新人警察官と自殺を図った40歳の恋の出会い!手を広げてがっしりと受け止めたその腕に40歳はヒトメボレです。一度は死を選んだとしても恋という生きがいをみつけてからは、腐った人生に花が咲き。二人で未来を歩んでいくのです。って自分でも何書いてるのかわかんなくなってきました。

「初めての事案なので、自分が取った行動が今でも信じられない。相手が無事であればいいんです。何ごとにも対応できる一人前の警察官になりたい」と童顔に笑みを浮かべていた。

童顔!童顔の新人警察官26歳!受け決定。

Home > 妄想やおいニュース > 高架から自殺図った男性をキャッチし救助

Return to page top