Home > 妄想やおいニュース > セクハラ認定、賠償を減額 ジャニーズ事務所の記事で

妄想やおいニュース

セクハラ認定、賠償を減額 ジャニーズ事務所の記事で

「週刊文春」の連載記事で名誉を傷付けられたとして、芸能プロダクション「ジャニーズ事務所」と社長が文芸春秋などに計1億700万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は15日「記事の主要部分は真実性の要件を満たしている」として、1審東京地裁判決が880万円とした賠償額を120万円に変更した。

バカな私には最初「主要部分は真実性の要件を満たしている」という意味がよくわからんかったのですが、ジャニーズ社長はその権限を利用して、所属の美少年たちにあんなことやこんなことをしていることは事実だそうです。

判決理由で矢崎秀一裁判長は、事務所に所属する少年が社長からセクハラを受けたとの記事について「少年らの供述内容はおおむね一致しており、信用できる。違法性は認められない」と判断。少年が合宿所で日常的に飲酒喫煙している、などの一部の記述についてだけ名誉棄損を認めた。

そういえば、いつも801ニュースを書く時、適当に妄想を膨らませて「美少年」という言葉を頻繁に使うのですが、今回だけはまぎれもなく美少年ですね。心置きなく美少年と書けますヽ(´ー`)ノ
文芸春秋の記事を読んでいないのでどんなセクハラかはわかりませんが、以前からジャニーズはよく全国の少女(と一部のゲイの方々)がキャーキャー大騒ぎする程の美少年をどっから探してくるんだと言われてましたが、社長が美少年好きでその目利きだとすれば相当な目利きっぷりですよ!?その目利きで儲けまで出しているのだから、すごい才能です。その才能でジャニーズ社長という地位にいれば、美少年達も将来女どもからキャーキャー言われるためなら変態社長にセクハラされるくらい…と妥協してセクハラさせてくれます。男が体を売って芸能界をのしあがる!…という話をどっかで読んだ事あるなぁ(;´Д`)

判決に対し、文芸春秋は「最大の争点だった少年たちへの性的虐待が初めて認められた」と話している。

ジャニーズの美少年たちがあんなことやこんなことを!!というジャニーズ801好きのドリーマーたちを萌え死させそうなネタを公開したことは、文芸春秋の功績だと思います。

Home > 妄想やおいニュース > セクハラ認定、賠償を減額 ジャニーズ事務所の記事で

Return to page top