Home > 妄想やおいニュース > 小学5年生「ぐにゅっとしてる」

妄想やおいニュース

小学5年生「ぐにゅっとしてる」

飯田市鼎小学校の5年生が14日、米作りをするため農家から借りた同校近くの水田で「どろんこ体験」をした。田植えを20日に予定し、その前に水田に慣れる目的。児童たちは、泥をはね上げて笑顔で田んぼを駆け回った。

みんなだいすき!ショタニュースですよ!
この時期はだいたい、こういった小学生の社会体験ニュースが入ってくるので要チェックです。暖かくなってどんどん薄着にもなりますしね!

この日は4学級のうち2学級60人が体験。児童たちはタオルを手にあぜに集まり、はだしに。先生の合図で、こわごわと水田に足を踏み出すと「冷たい」「ぐにゅっとしてる」などと大きな声が飛び交った。次第に慣れると、泥をすくい上げて遊んだり、友達と手をつないで走ったりしていた。

清(せい)義樹君(10)は「水は冷たいけれど、土は温かくて気持ちいい。田植えが楽しみ」と話していた。

田植えを前に「どろんこ体験」をする飯田市鼎小の児童
で、それがこの写真です。いいですねーいいですねー。半ズボンからのぞく足の光方とかすばらしいですねー。
泥で「汚れていく男児」とか書くとちょっとエロティックですねー。
しかしなんかこの写真、メインが男子児童ばかりですね。女子もいると思うんですが。妄想801ニュース的には女子は不要ですのでこれでいいんですけれども。

Home > 妄想やおいニュース > 小学5年生「ぐにゅっとしてる」

Return to page top