Home > 妄想やおいニュース > 弟に会うため兵庫〜広島間300キロを自転車で走破した兄

妄想やおいニュース

弟に会うため兵庫〜広島間300キロを自転車で走破した兄

兄、とか、弟、とか、ステキですよね。
今日は、弟のために盗んだバイク自転車で走り出しちゃった兄のお話です。

広島県警海田署は10日までに、兵庫県相生市で自転車を盗んだとして、窃盗の疑いで、住所不定、無職佐藤誠容疑者(23)を逮捕した。

同署によると、相生市から広島県内に住む弟に会うため、2日間かけて自転車で300キロ近くを走破したが、力尽きて同県海田町の交番に出頭。「父が亡くなったことを弟に伝えたかった」と供述している。

逮捕容疑は5月20日午後2時ごろ、相生市那波野のファミリーレストラン駐車場で自転車1台、約1万円相当を盗んだ疑い。

携帯とかなかったんですかね。メールとか。手紙とか。
このご時世いろいろ方法はあるのに、なぜに自転車。
しかし、どんな事情があるにせよ、父の死を伝えるために弟のところまで自転車で移動しようとする兄!
こんなの走れメロスかRPGゲームの主人公かくらいです。
この後先考えてない必死っぷりに愛を感じます!

ちなみに、兵庫県相生市那波野から広島県海田町まで車で移動した場合の距離をGoogleMapで調べてみました。

大きな地図で見る
Googleマップは山陽自動車道使っちゃってるんで実際の自転車ルートとは全然違うと思いますけど。

そしてその兄の努力の結果…

同署によると、弟の住所まではたどり着いたが、既に引っ越していた。所持金は10円で、「3日間くらい何も食べておらず空腹だった」と話している。

な、なんですってー!!
これで第一部完ですか!?
弟はどこへ!?
短期連載のはずがいつのまにか長期連載になっており、後づけ伏線がたくさん出てきそうな後味の悪いシメですね…
第二期での「兄弟・感動の再会」を期待したいと思います!

Home > 妄想やおいニュース > 弟に会うため兵庫〜広島間300キロを自転車で走破した兄

Return to page top