Home > 妄想やおいニュース > 小3男児に教室のバケツで排尿させる…広島の男性教諭

妄想やおいニュース

小3男児に教室のバケツで排尿させる…広島の男性教諭

広島県大竹市立小学校の男性教諭(48)が、トイレに行きたいと訴えた3年の男子児童(8)に、同級生がいる教室内でバケツに用を足させていたことがわかった。市教委によると、教諭は16日、教室内で給食準備中、トイレに行きたがっていた男子児童に、「そこでしなさい」と、近くにあった掃除用バケツに排尿させた。

前にあった、同じ三年生の逆さ吊りプレイがハードSMすぎなのですが、今回はSMでも割とソフトめの羞恥プレイです。つうかこの教諭は電影少女でも読んだのだろうか?

教諭は、事実関係を報告した校長とともに男子児童の保護者に謝罪、18日に同じクラスの保護者に説明、陳謝した。教諭は「真に受けるとは思っていなかった。軽率なことをしてしまった」と話しているという。
市教委は「教育者として大変、不適切な行為。信頼回復に努めたい」とし、教諭の処分を検討する。

真に受けた、ということは男性教諭は、男児の方が先生を好いているのを薄々感づきながらありえない命令をして試した、ということでしょうか!小心者め!男性教諭(48)は男児の思いに気づいてあげられず同級生の視線を感じながらの放尿プレイなんて恥ずかしい思いをさせてしまったことを猛省してください!そして通じ合う想い…まさにボーイズラブ!(年の差40)

というかその後尿バケツをどう処理したのかがきになるところです。このクラスでは今もそのバケツを掃除に使用しているのでしょうか。男児はバケツを見る度にトラウマ先生のことを思い出したりしているのでしょうか。

Home > 妄想やおいニュース > 小3男児に教室のバケツで排尿させる…広島の男性教諭

Return to page top