Home > 妄想やおいニュース > 夜景が見たくて…少年らエムウエーブの屋根に登り滑落

妄想やおいニュース

夜景が見たくて…少年らエムウエーブの屋根に登り滑落

ピュアなのか天然なのかその辺の境界線が怪しい少年たちのニュースです。

28日午前2時20分ごろ、長野市北長池の長野市オリンピック記念アリーナ、通称エムウエーブの屋根に長野市の16−17歳の少年3人が登り、滑落した。3人は病院に運ばれたが、17歳と16歳の高校生2人が腰椎(ようつい)骨折や全身打撲の大けが、16歳の無職少年が軽傷を負った。

エムウェーブってのは、ナウシカの王蟲みたいな形の建物です。

アリーナは、長野冬季五輪のスピードスケート会場となった施設。外観がM字形をしているため、エムウエーブと呼ばれている。

だそうですが、この屋根、登るにしては結構ハードじゃないですかね?

長野中央署の調べによると3人は、約43度の急斜面になっている外壁から屋根に登った。屋根は高い場所が約45メートルで、3人は屋根から外壁を滑り落ちた。3人は「夜景が見たかった」と話しているという。

夜空を観にいこうなんて、この青春っぷり!夏休みも終わろうかというとこで最後の思い出作りですよ。まぁそれも今年最大のしょっぱい思い出という結果に終わるわけですけど。

そもそも、夜空を見るためになんでこんなところに登ろうということになったのかがわからないので、むしろ滑り落ちるのが目的だったに違いない。一人を二人が取り合ってる状態で、俺とお前が危険な状態になったとき、あいつはどっちを助けるのか!?それで勝負だ!みたいなことになって、夜空を見ようとか言ってエムウエーブへ誘い出し、夏の星空を見上げながら僕たちいつまでも3人仲良くしようね・・・とか言ってるところで、突如クリフハンガーごっこに突入!ああ、僕にどっちか片方だけを助けるなんてできない!と欲張った結果、全員滑り落ちてドロー!恋のトライアングルバトルはついに病院へとステージを移す!院内デートの座をかけて二人が松葉杖を手に血で血を洗う最終決戦!僕のために争うのはやめてよー!次回、全身打撲の恋!お楽しみに!

Home > 妄想やおいニュース > 夜景が見たくて…少年らエムウエーブの屋根に登り滑落

Return to page top