Home > BLアニメ・BLコミック

BLアニメ・BLコミック Archive

「ぱふ」を出版している雑草社から、BL全般の情報誌「BLMagazine」が創刊されてるようです。

「ぱふ」自体がかなり女性オタク向けなんで、そういう視点から編集的にはあんまり心配してないんですけど、不定期発刊の上にBL全般扱うようなので、結局うわずみのほうの情報しかのらないのかなぁ、と。今あるBLゲーム情報誌とは住み分けできそうですが。前にもちょっと書いたけど「PASH!」のような女性向けという言葉に踊らされてうわすべりした感じの雑誌になってなけりゃいいなぁと思うんですけど、なんせまだ手に入れてないもんでなんとも。手にいれたら改めて追記という感じで何かかきます。多分。とりあえず創刊の情報のみで。

そういえば、掲示板に頂いた情報によると、SPA!に、女性オタク関連記事がのってたそうで。これも読めなかったんでアレなんですが、ほんと最近こういうの多いですね。流行りなんですかね。

※10/2追記
遅くなりましたが、買いました。読みました。で。
なんつうか、普通にぱふ別冊BL特集みたいな感じでした。そう表紙に書いてあるんだけど。それ以下でも以上でもない、ってかんじ。BL関係アイテム発売リストももうちょっと見やすく、探しやすくしてほしかった。それ以外はほとんど(というか全部)著者インタビューなわけですが、インタビューは記事作りやすいのはわかるけど、そればっかりってのもなぁ。今更「好きしょ」を巻頭特集されてもねぇ。次回はもうちょっと読めるものを期待したいです。せめて「今このBLが売れている!」くらいの特集は組んで欲しいです。

  • 2005-09-14 (水)

こないだ気づいたらAmazonでBL漫画しこたま買い込んでいたのでそのとき買った漫画とか色々と。ついでにAmazonリンクバンバンです。

「純情ロマンチカ」 中村 春菊 (あすかコミックスCL-DX)

先日のニュースのアレで、小説家っていうキャラ設定のあるBLってキレパパとかグラビテーションとかほんと結構多いよなーと思って、いや、BL小説家っていうキャラ設定もあったぞ!と思いだして、探したのがこれ。中村春菊ってとこまでは覚えてたけどタイトルを失念していて、アマゾンのリストマニアとかから色々探してみつけました(;´Д`)ワシは古本屋で雑誌を安く買って読んでその中でよかったものを単行本で買うということをするので、琴線に触れないと覚えないんですタイトルとか。現行5巻まで出てるので、一気に大人買い。小説家先生さまが趣味と実益を兼ねてBL小説も書いてるという設定で、長年片思いだった男の弟とラブるとゆー話がメインの大筋ですが、そっちより、同級生の小説家先生さまに片思いしてた助教授とその彼氏「野分」の話のほうが展開がハラハラする部分が多くて面白いです。小説家のアレとゆうだけで買ったので、意外な部分で琴線に触れたのでよかったです。5巻では更に助教授の上司の教授もホモり出して、BLで巻が続くというのは人気の証拠でいいかもしれんがまわりすべてホモになるパラレル設定になってくるので危険と思います。

◆「課長の恋」 九州 男児 (ビーボーイコミックス)

雑誌で読んでゲラゲラ笑ったので、購入。ゲイだと自覚のない課長が自覚してから大変というギャグ漫画。ノリは新井理恵的。下ネタバンバンなのにそこまで下品な感じがないけど、この表紙は本屋でレジに持っていくのツライな(;´Д`)特に2巻。BLとゆう狭いジャンルでこれだけ面白いギャグ漫画というのもすごいんだけど、2巻まで出てることにビックリだよ。これもどんどんゲイパラレルになっていってはいるんだけど、ゲイが増えれば増えるほど面白くなっていってる気がします。

◆「ヤバイ気持ち」 穂波 ゆきね/原作:鹿住 槙 (キャラコミックス)

買おう買おうと思ってずっと買い損ねていた漫画。誰かに借りて読んだと思う。ラストがちょっと何かが足りないというか、わりと尻切れトンボ的な終わり方なんだけど、主人公のせつない感情がうまく出てて、そっちをかなり評価してます。穂波ゆきねは原作付きばっかりだけどどれもイマイチぬるくてアレだったけど、これはかなりイイ。読んでる途中で息がつまりそーになるくらい。やっぱりやおい漫画は少女漫画なんだよなー!と思わせてくれます。

  • 2005-07-09 (土)

このアニメは、テニプリ・リョーマ声の猫耳がかわいくてよく照れる美少年主人公(小学生)が、長髪メガネのエロい大学生に言葉攻めに合う、想像以上にエロいホモアニメです。テレ朝・名古屋テレビ・AT-Xで絶賛放映中ですので、やおいっコは必ず見ておくように!先生との約束だよ!

というわけで適当な紹介の仕方でアレですが、LOVELESSの第3話は、猫耳小学生がエロ大学生に「貫通させて」とピアッサーを渡されて、大学生にピアスをあけてやるというお話だったのですが、それがいちいちエロすぎてもう、ピアスをあけるってこんなにエロいことだったのね!と目からうろこが落ちました。

「そうび・・・やわらかい・・・」
「そう・・・そこ・・いいよ」
「ここ?」
「して。」
「・・・やっぱりできないよ!!」
「根性きめろよ、中途半端で貫通しなかったらそのほうがツライでしょ」
「だったら・・・!」

「どうだよ、痛い?」
「平気・・・続けて」
「いくよ・・・」

「痛い・・・?」
「ありがと、立夏」

何のギャグですかこれは。ピアスあけてるだけなのに!ゲラゲラ笑った(;´Д`)
艶かしい声が聞こえて何やってんだー!と部屋に飛び込んだらマッサージしてただけだったとか、キスしてるように見えて目のゴミとってるだけだったとか、そういうお約束ギャグかとお思いでしょうが、これガチでピアスあけてるだけですよ!無駄に呼吸が荒く照れまくりな猫耳小学生がさらにエロさをかもし出してます。

次回予告もかなり笑えた。

  • 2005-04-22 (金)

放送局と時間は以下の通り。

1月8日(土)24:30〜 テレビ神奈川
1月9日(日)23:30〜 ちばテレビ
1月9日(日)24:35〜 テレビ埼玉
1月10日(月)25:58〜 テレビ愛知
1月11日(火)24:00〜 サンテレビジョン
1月17日(月)24:00〜 キッズステーション

ほんのりやおい(ボーイズラブ)でワシはあまりお気に召さなかったという(最後まではっきりしなくてイラつくから。気に入ったのは鬼畜エンドだけという有様)いまやメディアミックスしまくりなボブゲ大御所・プラチナれーべるの好きしょですが、ほんのりやおいでも、Googleがホモアニメとプッシュする「今日からマ王」みたいに面白くなる可能性もあるので、とりあえずチェックします。

  • 2005-01-07 (金)

まだBBSにタレコミ記事があるんだけど、とりあえず今日はひとつ(;´Д`)

Google先生も認めるホモアニメという今日からマ王!を、これは腐女子として見ておかなければ、と思って見てみました。結構面白かったです。わざとらしい演出で萎える系かと思ったのですが意外に普通のアニメとして楽しめました。まぁ、やおい布石がちゃんとあるので、あまりやおいがわからない初心者の方ならもっと楽しめるんではないかなぁーと。ワシが見るとただキャラ萌えになってしまう。ヴォルフラムかわいいなぁーとか。

それよりもアムドライバーの方が萌えまくりでたまりません。意味不明に似非アメリカンなとことか普通にも楽しめるんですが、やはり腐女子としては、いらぬところにばかり目が行ってしまい、新OPではジェナスとラグナがいちゃつきすぎて卒倒しそうです。

  • 2004-09-14 (火)

ボブゲブームの発端(?)といわれている、プラチナれーべるの「好きなものは好きだからしょうがない!」がアニメ化されるそうです。
何故か今更感がするのは、人気のある美少女ゲームがあらかたアニメ化されちゃった後だからかな。
アニメ公式サイトはこちら
2005年1月から放映と書いてありますが、TV局が書いてないってことは、まだ詳細は何にも決まってない段階なんでしょうねぇ。だって半年先ですよ。そんな段階からドメインとってアニメ公式サイトとかOpenしちゃうとこに先走り感が。
そういえば好きしょはほとんどやってません。だってぬるいんだもん。エロとか。

  • 2004-08-17 (火)
  • Thanks:まるまりさん@メッセ

とりあげるのが遅くなりましたが、あの名作がPS2のSIMPLEシリーズとして発売が決定。発売は10月予定。まぁストーリーはちょっと感動するかなりイイシナリオなので、PSではガッツ系やおいのノベルゲームってことになるんでしょうか。注目すべきは

「AD君」の新シナリオを追加!その他のシナリオ、CGも大幅追加!

その他の追加(エロシーンが無い分の継ぎ足し分じゃないかなぁと予測)はまぁおいといて、AD君の新シナリオ追加ですよ!公式サイトでも一時期話題になってましたが、このAD君の名前が「坂谷」なんですが、この名前、前作・炎多留の引っ越し屋の坂谷と同じで、このキャラに息子がいて、その息子=AD君ではないか、ということで、前作の炎多留から引き継がれたエピソードがあるかもしれない!ということで坂谷を一番最初に攻略したワシは要チェキ。でもまだ炎多留2コンプまではいってないんだよなぁ。あといくつかCGがみれてない。
しかし安いからといってこれをパパやママに健気にねだる小学生とか、男の友情を意味はき違えて小学生に孫に与えるおじいちゃんおばあちゃんとかいたらどうしようとか思うと、ブルブル震えがとまりません。
あと久しぶりに公式サイトたるたるもにゃーいったら事務所が移転してて、新大阪じゃなくて池田になってた。なんでまた池田なんて田舎に・・・

  • 2003-08-21 (木)

ちょっと自分好みのゲームっぽいので、チェキしてます。ただそれだけなんですが。
発売は9/13。

  • 2002-08-28 (水)

◆水沢エンド
つーか、先に与田を終わらせておいてよかった~~!!水沢シナリオに出てくる与田はマジで怖いです。ハッスルしまくりです、与田。ヒャッハーー(゚∀゚)ってかんじですよ。水沢シナリオの与田を見てたら、怖くて与田が攻略できなかったかもしれません。むしろ水沢シナリオで言うべきモノは与田。これのみです。こわいです。ほんとに。
あ、水沢ね。あー、水沢は一番、エロゲのキャラっぽいかもしれません。純だし。それだけかよ。

  • 2002-06-22 (土)

◆与田エンド
プレイヤーを攻めにしようが受けにしようが、与田がS男なので、こっちの都合おかまいなしにM受けにさせられてしまいます。別にいいけどさー。ワシはリーマンはM男がいいなぁ。なんか現実味ありそうで。スーツの下は亀甲縛り!みたいな?(わけわかりません)
しかし、どーやっても、与田の企画は負けてしまうってアリですか。せっかく平野と同時攻略してモデルになってもらったのに、企画負けてるしさ。どーゆうことよ。なんか企画が勝てる方法とかあるんですかいのう?どなたか知ってたら教えてください。

  • 2002-06-17 (月)

Return to page top