Home > 実写BL

実写BL Archive

「BOYS LOVE」DVD版は2006年11月末に発売されたDVD作品。「BOYS LOVE」劇場版は2007年9月にDVD版の設定を大幅に変更して劇場公開された作品。やっとこの2作品両方を見たので、多少ネタバレ含みで感想を。キャストの配役については前に色々書いたんでそのへんは抜きで。

BOYS LOVE DVD版

出版社に勤める間宮が、モデルでイラストも描く高校生「如月のえる」を取材するところから話は始まるわけですが、こののえるが所謂「魔性受け」。間宮を誘惑したりいろんな男と寝たりしてるわけです。のえるの高校の友人古村がひそかにのえるを想っていて、のえると親しくなっていく間宮を嫉妬するわけですね。
とかまぁ適当に書きましたが、バブルやおい(80~90年代のバブル時期によくあったようなやおい)を彷彿とさせるストーリー展開です。合間合間になんかゲーテとかヘミングウェイとかの哲学的なテキストが流れるのが、余計にバブルやおい的というか…。


古村の嫉妬シーン

登場人物が少ないので、間宮とのえるの微妙な関係と、古村とのえるの関係がうまくストーリーに絡み始めて動き出すので、よく言えば見やすい、悪く言えばものたりない感じです。間宮がのえるを心配する気持ちはわかるんですが、のえるがなんで間宮を好きになっていくのかがあんまり見えないんですよねー。心配してくれる間宮のことを好きになっていくっていうことを描きたいのはわかるんだけど、イマイチそのへんが微妙。古村のキャラがもうすこし描けていたらあの唐突さはもうすこし緩和したんじゃなかろうかと思うけど、あの唐突さが面白かったりもする…この辺はかなりストーリーの核心なのでさすがに書きませんが。

エロシーンはそんなにないんですが、のえるがいきなりレストランのトイレで間宮にフェラったり、のえるがおっさんといたしてるアヘアヘシーンがあったりと急激展開にびっくりすることうけあい。いやぁー、本当にのえる役の斉藤工はがんばっていると思います。あと、露骨にハダカシーンが多いのが笑えます。シャワーシーンの露骨さとか、なんか部屋で急にサンドバック殴り始めたり(ていうかなんで部屋にサンドバックがあるのよ)、唐突にプールで泳ぐシーンがあったり。(※実写BLには、ボクシング・プール・絵・音楽というモチーフがとても多いんです、というかそんなんばっかりです。)


なぜかプールで寝そべる二人。

ていうかプールのシーンは必見!マジで見る価値あります!
プールシーンののえるOMOSIRO台詞
「あと3往復したら抱かれてやるよ」
まるでメンズナックルのキャッチコピー(ガイアが俺に輝けとかいうあれ)みたいなこの台詞!!
この台詞は是非流行らせていきたいと思います!!
他にも
「男遊びをやめてやるよ。ただし。俺をつかまえることができたらね」
「本当は僕を抱きたいんだろう?」

この台詞だけでバブルやおい過ぎる!!

プールで視聴者に無駄にサービスしている様は爆笑必至ですので、是非ともご自分の目でお確かめいただきたい!

BOYS LOVE 劇場版

金持ちの御曹司が集まる全寮制男子校の教師の蒼井は恋人にフラれて(最初からゲイっていう設定なのかどうかはよくわからん)、魔性の美少年とホテルで致した「事後シーン」からはじまります。いきなり「勃たなかったからって気を落とすなよ」とか「あんた前戯はいいよ」とか「3万でいいよ」とかおもしろ台詞ばんばんでがっちり心をつかみます。で、蒼井の学校にこの魔性の美少年「天上(あまかみ)」が転校してくるわけです。厳しい学校にもかかわらず男遊びをやめない天上。蒼井はいつバレるかと天上を避けているのに天上は蒼井に近づいていきます。
天上と同じ部屋の優等生「水木」は同じ優等生の天上のことが気になっていきますが、水木は学校の権力者であり幼馴染の「花園」とその取り巻きにいじめられており…

というのが簡単な設定と大筋でしょうか。うーん、まぁベタですね。
でもDVD版よりはボーイズラブがなんたるかを「わかった」設定になってるのかなぁと思いました。悪くいえば「あざとい」設定になったと。
合間合間にクサい詩のフレーズが出てくるのはDVD版と同じですが、その設定のおかげでそれほどのバブルやおい感は少なくなってます。御曹司って設定なので高校生が大金持ってたりとか、別の意味でのバブルやおい感はありまくりです。


バブルやおいっつーかバブルそのもの。

逆に山の中の全寮制男子校の描写が、どこの林間学校だよ、というようなファンタジーにもならないチープさをかもし出しています。無駄に何回も出てくるシャワーシーンとか、意味不明なラグビーシーンとか、あとソーセージの食べ方はかなり笑えます。

で、いきなり総評してしまいますけど、主人公というかメインの、蒼井×天上は全くといいほど描けていません。天上の設定を軸として物語が進んでいくんですけど、どこで蒼井のことを好きになったのか、蒼井は天上を好きになったのか、そういう肝心なところは曖昧なままで最後まで放置です。かなり深読みしながら観ないと意味がわからないまま終わってしまいます。

ただそんな肝心なことを差し置いてでもこの劇場版を「良かった」と言わしめるものは、あります。


水木の眼鏡キラーン。

それが脇役の水木君です。この物語においてものすごい重要脇キャラです。今風の言葉でいうと「ヤンデレ」ですか?よくわかりませんが。主役を頭からがぶりと喰ってしまってます。DVD版でいうところの古村のキャラが水木に相当すると思うんですが、この劇場版の脚本家はむしろこっちをメインストーリーにしたかったのではないか?と思うほどです。

とにかく狂気に至るまでとその種明かしのストーリー運びはすばらしいです。そして水木役の川久保君。棒読みは棒読みですが、彼のテニミュを見ていた方はその成長ぶりにむせび泣く事必至です。花園の鉄壁の“悪役”美少年っぷりにも、注目と言われなくても目を奪われてしまいます。

エロはほとんどないです。2シーンくらいでしょうか。
全体のストーリーとしては、オチも含めて中途半端。起承転結でいうと、水木の狂気の「転」で盛り上がりすぎて(転が長引きすぎて)「結」がどうでもよくなる感じでしょうか…。ですが、この「転」のためだけに観る価値はあります。ある程度やおいストーリーってものをを見慣れていても、ちょっとこの展開は予測できないです。面白い。

  • 2008-03-23 (日)

2006年頃から徐々に実写系BL作品が増えてきて、いくつか紹介したりしてきましたけど、そろそろレビューというかそれぞれ感想を書いてみようと思います。もちろん紹介もしていきますが、観たら感想をかいていこうかなーと。

いままでに色々見て、面白い傾向も見えてきたし、だんだん「なんちゃってBL」ではなくちゃんと「やおい」してきてる作品が増えてるので、もしかしたら今後「ナマモノ」系といわれるジャニーズ系、ドラマ系のジャンルとは別に、実写BLっていうジャンルができるかもしれないなぁと思ったり。

でもこれは一過性の流行にすぎない可能性はおおいにあって、出演する美少年達(JUNONボーイ系とかD-BOYS系とか…)の流行と大いに関係あると思うし、というか今の段階ですでに下火という可能性も!BLを狙って発売されてるDVDもすでに10本近くあるし、それぞれの作品にファンディスク的なものが発売されていたり。でも今後発売を控えているものも結構あるので、いつまで続くかわからないけれど、あるうちはしばらく追いかけてみようかな、と思います。

妄想やおいニュースの「ニュース」としては離れていくかもしれませんが、やおいという大きなジャンルの中でも割とニッチな「実写系」として、そして、「ニュース」にすらやおいを求めてきた私としては、ほっておくわけにもいかないジャンルだなぁ、と思っています。ぼちぼちと暇をみつけては観て書いていきたいとおもうので、見てみたいけどイマイチ地雷臭が消えない…という方や、3次元にはあまり食指が動かない方などは、是非期待していただければと。
というかそもそも純粋なやおい好きが当サイトを見ているのか?というところにいささか疑問が残る気がしますが。わらい。

前置きはこの辺にして、まず先月に発売された2本。

1/21発売の「愛の言霊」

まずパッケージでキスしてるなんて、そんな前のめりな実写BLはこの作品が初じゃないでしょうか。というのも、原作があるんですね、これ。2004年に発売されている紺野けい子のBLコミックスです。
BLコミックスが原作のれっきとしたBL作品!BLを狙ってますどころか、言い逃れできないBLです。もう買って観たんですが、感想はまた別途書きます。

1/25発売の「禁断の恋」

キャストの三上真史はボウケンジャーのボウケンブルー。加藤良輔はおなじみテニミュで木更津淳と木更津亮(双子キャラなので2役)役をやっていた方です。テニミュ青学3代目河村役の渡部紘士も出てますね。あらすじは微妙そうなのに、キャスト人気でそこそこ売れそうだよなぁこれ。

次はこれから発売される作品。
3/21発売の「僕らの愛の奏で」

音楽ものか…。どうも実写BLには音楽とか絵とかいう設定が多い気がする。しかもアポロン音楽大学ピアノ科(笑)
前に紹介したドラマ恋愛診断の翼のカケラの、アントニオ美術大学に匹敵する大学名です。たしかBOYS LOVEの劇場版の学校名もひどかったきがするけど、そういう面白い設定はそれはそれでいいです。キャスト人気があまりなさげなのでちょっと不安な作品。

あと、4月にタクミくんシリーズ劇場版のDVDがでますね

今のところ情報はこのくらいですかね。Amazonにバンバンリンク貼ってますけど、Amazonはデータベースとして便利なので、あまりその辺お気になさらずに。
そういえばドラマの「SP」は明らかにやおい狙いだと思うんですが、DVD買うべきかどうか悩むところです…。

  • 2008-02-13 (水)

とっくに絶賛上映中だったんだけど書くの忘れてた(;´Д`)

もう終わってるんだけど、アンコール上映が決まっているところもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。私はDVD発売を待ちます。DVDは4/25発売です。

タクミくんシリーズ そして春風にささやいて

  • 2008-02-07 (木)

また放映が終わってから書くんですけど、9/28金曜の夜中、TBSでロミオ×ジュリエットとか黒の契約者の最終回がやっている裏で、フジテレビでは「火星から来た蜘蛛の群れと グラマラスエンジェル」という2時間ドラマがやっていました。なんかB級SF映画みたいなタイトルですけれど、7人の主人公達がそれぞれ同性愛や性癖や家族や結婚やらに悩む「青春群像劇」で、ドラマなのに芝居仕立てになっていてなかなか面白かったです。
出演者の吉瀬美智子のブログ唐沢美帆のブログを見ると、普通のテレビドラマとは違う実験的な撮影方法をとったドラマだったみたいです。

で、なんで偶然見たかというと、深夜にテレビをザッピングしてたら、山崎樹範が出てたんです。山崎樹範は俳優さんなんですが、エウレカセブンのドミニク役や、アニメ・テニスの王子様の堀尾役など声優もしてる方なので、「おおードラマに声優が!」と思って見てるとどうも様子が違う。なんか男同士で手とか握ってる。さらに頭を肩に乗せたりしていちゃいちゃが加速。あれっ?あれっ?と思っていたら、どうやらバイでゲイの恋人がいるという役どころ。
またBLドラマか!と思ってたらぜんぜん違った上に、その後期待して見てたのにそんないちゃいちゃシーンなんてその後たいしてなかったわけですが、よりによってそのいちゃいちゃシーンを偶然見てしまう自分がやおいにのろわれていそうで怖いです。

山崎樹範は幼い顔してるのに内田滋が本当のゲイみたいな芝居(女2割、男8割くらいのキャラ)をするので、ああこれで攻めでもまぁいっかぁと思えた。BLじゃないのであれですが、このBLカップルの行方がストーリーの終わりに関係するとはいえ、なんかやっぱりこういう関係の終わり方するのかよーと思った。演劇にはよくありがちなオチですが。
友人達の前で、自分はひとりぼっちだと泣き崩れる恋人に山崎樹範が「お前は一人じゃない。俺がずっとお前のそばにいる」というシーンと、山崎樹範が最後のほうで「ずっといっしょにいてやるって言ったのに、いてやれなくてごめんな」というような台詞を言うシーンがあったんですが、あれはナイスBLと思った!いい演技だった。

また再放送してくれないかなぁ。

山崎樹範のブログ

  • 2007-10-01 (月)

終わってから書くな、って話なんですけども。
ずっと見てたんですけどなにぶん録画なもんで、録画はたまるし見ないと書けないし、見るのも放送に追いつかないしでなかなか。まだ全部見てないんですけど、昨日偶然夜起きていて本放送を見れたので、今書かないともう絶対書かないと思うので書きます。(このドラマのCMでBOYSLOVE劇場版の宣伝があったので前の記事書く事も思い出したんですが。)

ドラマ「恋愛診断」とは、

“禁断の恋”をテーマに、ボーイズラブ・ガールズラブ・ティーンズラブと、若い世代から絶大な人気を誇るジャンルを各3話ずつのオムニバスで完全ドラマ化!

というもので、なんだ全編BLじゃないのね、と思いきや、全12話中6話がボーイズラブなんです。さすがわかってらっしゃいますね。
残りは百合と、おにいちゃんと妹モノです。おにいちゃんと妹のやつは、北川みゆきのやつか青木琴美のやつかって感じのド少女まんが。
これの第1話を偶然見てしまってから録画してたんですが、なんつうか、BOYS LOVEも割とそうなんですけど、終わり方が中途半端。BLブランドの花丸編集部が出しているボーイズラブ小説の書き方にもありますど、BLの基本はハッピーエンド。ちゃんと恋愛の行方にオチをつけてください。

そして、やっぱり「ミュージカル テニスの王子様」(略:テニミュ)のキャストが出演しています。もう、そこは外せない法則のようです。そのおかげで、垂れ流していたテレビに目がとまって録画に至ったわけなのですが、テニミュキャストをおっかけていればBL作品に当たるので、私のようなモノにとっては非常に楽です。
ちなみに出演しているのは、テニミュで亜久津仁役を演じていた寿里と、天根ヒカル役を演じていた汐崎アイル、3期青学メンバーで海堂薫役を演じている柳下大。この3人同じ話に出ているので、最初はテニミュがテレビで流れてるのかと思いました。嘘ですけど。いやラケット持ってないし。運命のコドウのほうは、氷帝の日吉役を演じた河合龍之介が出てますね。

そんなドラマがあったのか!と今知った方や、テレビ東京が見れない方は、DVDが各オムニバスごとに発売されるみたいなので、是非みてみてください。比較的安価。
ドラマ 恋愛診断 「翼のカケラ」
ドラマ 恋愛診断「運命のコドウ」

※記事内敬称略

  • 2007-09-26 (水)

実写BL

「BOYS LOVE」劇場版始まってたのね

ずっと書こうと思ってたのに忘れてたよ。
まさかDVD見た時には、劇場版になるとは思いもしませんでしたが、そのままズバリなタイトル「BOYS LOVE」の劇場版が9/1から始まってます。エヴァ劇場版と同じですね。

元は、2006年11月24日に発売されたDVD作品。「ミュージカル テニスの王子様」(略:テニミュ)のキャストを起用し、テニミュファンやBLファンの間でカルトな人気を誇り、まさに“知る人ぞ知る”作品です。
主演は、テニミュの2期青学メンバーで河村隆役を演じた小谷嘉一。
と。
ボーイズラブなのでもちろん相手役がいるわけで、それが、同じくテニミュで氷帝の忍足侑士を演じた斎藤工。明らかにターゲットをしぼっているというか、テニミュファンにあざとく、さぁ萌えろと言わんばかりのキャスティング。

・・・・・なのですが。
何の因果か、劇場版ではキャスティングが変わっています。主演の小谷嘉一は変わっていないのですが、相手役がD-SHINEの菅野篤海に。
さらに。
設定・あらすじも大幅に変わっています。
雑誌編集者(男)が人気モデル(男)と出会って云々という話だったのが、舞台は全寮制の高校。主演の小谷嘉一はなんとそこの教師。教師×生徒という、いわゆる「ハーレム」状態の設定になってしまいました。
いくらなんでも媚び過ぎじゃないのか、と思いましたが、その設定のおかげでキャストが増え、他にもテニミュから山吹中・壇太一役の川久保雄基や、立海・丸井ブン太役の桐山漣が出演しているので、なんだか更に面白いことになってそうです。
まだ見てないのであらすじに関してはなんとも言いがたいのですが、何かこう、大きな力が加わったような路線変更です。「劇場版」といえど、まったくの別物として見た方がよさそうです。

時間があれば映画館まで見に行こうかと思っていますが、既に、劇場版のDVDがAmazonで
絶賛予約受け付け中だったりするので、DVDですませてしまうかも。

というか、いつから「明らかにどうみても腐女子の妄想実体化」みたいな作品を、うら若き美形男子が目の前で演じてくれる時代になったんでしょうか。昔は「同窓会」というドラマで山口達也と西村和彦がゲイの恋人役をして大騒ぎしたり、「おこげ」というマイナーなVシネを見たりしないとそういうのはなかったんですが、いい時代になったものです。しかもそれが映画館で見られるなんて、腐女子羞恥プレイすぎます。
「同窓会」は今みても吐くくらい濃いドラマなので見た事ない人は是非見て下さい。「おこげ」は、実際のゲイの人見ちゃったら冷ちゃうような生半可な腐女子は見ない方がいいです。

にしても気になるのは劇場版に出られなかった斉藤工です。彼は「BOYSLOVE」だけでなく、
「スキトモ」というBLっぽいDVD作品にも出ているのですが(しかも相手役はまたテニミュキャスト/※2)、こんなにもBLに縁のある斉藤工が記念すべき劇場版に出ていないなんて残念です。
妄想801ニュースはこれからもBL作品に出演して腐女子に萌えを与えてくれることを信じて斉藤工を応援していきます。

※記事内敬称略
※2 青学2・3期「不二周助」役の相葉弘樹

  • 2007-09-25 (火)

Return to page top