Home > Archives > 2002-01

2002-01

妄想やおいニュース

なんというか、いつもは勝手な妄想でうだうだ書いているんですが、今日はそんなことしなくても大丈夫っぽいです。

殺人教唆などの罪で長期服役中の暴力組織の副組長が、刑務所の出所を狙い故意にエイズ感染した事実が明らかとなり、衝撃を与えている。

妄想801ニュース初の海外ニュースです。
舞台は刑務所です。有名な刑務所やおいというと栗本薫著「終わりのないラブソング」という小説を思い出します。
Amazon:終わりのないラブソング
パシリのひ弱な少年(もともと男好き?)の主人公が悪い仲間と一緒に少年院に入れられそこで少年院内の番長の男と恋におちるという話なんですが、たかだかそれだけの話で7巻近くあって、その内容はストーリーが進んで行くよりも、ひたすらに主人公がうだうだゲイとしての人生を考える内面的な話なので、要するに京極夏彦の小説で京極堂のうんちくがずーーっと続いているような状態で、普通に読んでいると眠くなるというか、あまりの主人公のマイナス思考に読んでるこっちが病んできます。が、栗本作品での名作であり、やおい小説の名作(迷作)です。こんなうんちくはいいとしてニュースの本題です。

検察調査結果、金氏は昨年10月末に刑務所の医務室で体調が良くないとしてリンゲル注射を受けている際、病舎棟に隔離収容されているエイズ感染者、金(キム・31)某氏を誘い出し、準備していたかみそりで顔に傷をつけた後、自分のリンゲル注射部位に当てる方法で、感染を試みたという。
��無期囚の金氏は、感染を確認するために刑務所に検査を要請したが、陰性判定が出て、再び1カ月後感染を試み、使い捨て注射器で感染者である金氏の血液を採取し、自身の腕に打ったり、確実なエイズ感染のため金氏の精液まで飲んだという。

えーっとどっちも金氏なのでちょっと混乱してしまいました。要するに元々エイズ患者の金氏と無期囚の金氏と二人いるわけですね。で、エイズになったら刑務所から出られるんじゃねーの?ということで、無期囚の金氏がエイズ患者の金氏からエイズを感染してもらった、というわけです。わざわざエイズに感染して自分の命を危険に晒してまで刑務所を出たいなんて、シャバにコイビト(男)でもいるとしか思えません。ゲイでもないと、精液飲もうなんて思わないと思います。「終わりのないラブソング」では主人公の方が刑が軽いので先に出所してしまい、残された恋人が脱走したりとかするんですけど。つーか精液を飲ませたエイズ患者の金氏もアレですよね。
というわけで、韓国の生ホットミルクプレイでした。>下品ですいません。

妄想やおいニュース

出会い系サイトで知り合った男子高校生をメールで脅したとして、警視庁少年事件課と青梅署は28日までに、宮城県柴田郡内の高校2年の男子生徒(17)2人を恐喝の疑いで逮捕した。

男子高校生が男子高校生と出会い系サイトで運命の出会いです!

互いに相手を女性と勘違いしメールをやりとりしていたが、相手が男性だったことなどに腹を立て、繰り返しメールを送ったという。高校生らは出会い系サイトで女性の友人を探していて知り合い、数回メールをやり取りした後、宮城県の高校生が先に自己紹介したところ、都内の高校生から「何だ、女じゃないのか」というメールが返ってきたため、男性と分かり腹を立てたという。

どうやら両方ともネカマでお互いに騙し騙されるバカ…じゃなくって、純粋無垢なオトコノコだったようです。出会いは何がキッカケで出会うかわかりませんので、それが衝撃的であるほど運命の出会いになるのですが、お互いがネカマというのはかなり衝撃的な出会いではないでしょうか!
最初はお互いが男でショックでしたが徐々にメールを交換するうちにそれは愛情へと変わっていくのです!

調べによると、逮捕された高校生は昨年7月下旬、携帯電話の出会い系サイトで知り合った東京都青梅市内の男子高校生(16)に対し、「殺してやる」といったメールを約40回送りつけるなどし、郵便で計7万円を送らせて脅し取った疑い。

ところがその恋は平穏には続かなかったのです。17歳の方の歪んだ愛情はだんだんと殺意に変わっていきます。といってもメールで殺すだの言ってる程度ですので知れているのですが、16歳の方は愛する17歳の方の為に7万円を渡し・・・?!
最初はほのぼのボーイズラブだったんですがだんだん火曜サスペンスっぽくなってきました。
しかしやおいの世界は未成年でもドロドロの恋情をくりひろげますので、ノープロブレムです。

妄想やおいニュース

辻元政審会長と塩川財務相がええかっこしいなのか?と思ったらやっぱりそこにはパーマ首相が絡んでました!みんな首相にゾッコン☆です。

22日の衆院本会議で行われた2001年度第2次補正予算案に関する各党代表質問で、社民党の辻元政審会長が冒頭、「首相の政治手法の特徴は『ええかっこしい』だ。今回の予算はこの『ええかっこしい』の馬脚を現したものだ」と首相を批判した。

純一郎(独身)は「ええかっこ」なんかしなくても美しくてカッコイイので大丈夫です。(?)

その後答弁に立った塩川財務相が、「質問に答える前に……」と切り出して、「あなたもなかなか『ええかっこしい』のところありまっせ」と、関西弁で、辻元氏をやんわりたしなめた。

ワイルド系関西人キャラ(?)塩爺の登場です!いじめっこ辻元氏をたしなめるオトナの魅力!さりげなく純一郎を助けるその姿に、きっと純一郎も心を打たれているはずです!

国会審議で毎回、闘志むき出しで首相にかみつく辻元氏だが、思わぬ反撃に毒気を抜かれた?
首相は、「何が『ええかっこ』なんですか。現在の厳しい財政状況を考え、苦心惨たんの策だ」と答弁、派手な身振りを交えて激しく反論した。

塩爺の助けを借り純一郎も激しく反論することができました。めでたしめでたし。

その他

一応、腐女子の人気が高い作品なので取り上げさせていただきます。
もともと、つちやきょうこ先生も同人屋だということもあって、ずいぶん前から著作権関連のキナ臭い噂はあったんで、やっと解決の方向に向かいますか、という感じです。個人的な正直な感想として。
というか、このつちやきょうこ先生の著作権というのはマンガ、及びキャラクターのみの事で、Weiβ kreuzの原案は声優の子安武人氏です。当時のアニメ誌とかを引っ越しの際すべて処分してしまったので色々調べられないんですが、確か最初は子安氏の立ち上げた企画モノみたいなかんじでCDドラマを撮ってたような。そこからマンガ化の話が出てつちやきょうこ先生が書くことになってそれを元にアニメ化ってことになったような。だいぶ前の事なので記憶があやふやですが。
というわけで色々著作権の事が問題ならば、どうせなら実写でどうよ?それなりに外見も適当な声優陣選んでるんだから人気は出ると思うけど。
つーか正直まだやるんだねWeiβって。と思った。
ちなみに突然Weiβに「kreuz」をつけたのは尾崎南先生のパクリだろ子安氏!とか今頃言ってみるテスト・・・(例え事実はそうじゃなくても疑われると思うのですが。)
※尾崎南先生の作品「絶愛」がOVAになった時、主役キャラを子安氏が演じており、当時尾崎南先生は「kreuz」という名前を同人誌のタイトルにしたり、サークル名を「kreuz」に変えたりしていました。

妄想やおいニュース

そういえば兄弟関係には色々と萌える人が多いのに親子関係ではあまり萌える人いないなー。
血の繋がった弟(妹)とか血の繋がらない弟(妹)とか遠縁の兄(姉)とか。さすがに親にはそういう感情より違う感情のほうが大きいってことでしょうか。でも親はよく自分の子供に異常な感情を注いだりするパターンはありますよねー。
ってなわけで、父親と息子の情事です。

二十日午前十一時十五分ごろ、愛知県一宮市平島二丁目の路上で「エンジンが止まった車の中に男性二人がおり不審だ」と住人から一一〇番通報があった。一宮署員が駆けつけ、車内を確認したところ、二人は既に死亡していた。

エンジンが止った車の中に男2人がいたら不審なんですか?110番するほどアヤシイですか?その辺の基準がよくわかりませんけども、エンジンが止った車に男女がいてカタカタ揺れていたらそっちを見ないようにして放置してあげるのと同じく、エンジンの止った車に男2人がみつめ合っているのを見つけても察してあげてほしかったです。「キャァーホモよー!」と喜んでもいけません。
いや、まぁ、死んでるんだけどね。
しかし男2人が車の中にいる程度で110番されちゃーリアルゲイの方は苦労するなぁ~とかいらん心配してみたり。

調べでは、二人は名古屋市西区の男性(53)と同市東区に住む長男(21)の親子。いずれも一宮市内の運送会社に勤めていた。車は父親所有のワンボックス車で、死因は一酸化炭素中毒だった。

2人で愛の心中ですか?愛の失楽園ですか?この年で本気の愛なんだとか?2人つながったまま死のうとか?しかし年が離れすぎですね。長男はちょっと微笑んで服の胸をはだけさせるだけで世の男はトリコとかいうレベルの美少年(誘い受け)だったんでしょうな。

二人は十九日午後二時ごろ、一宮市内のレストラン駐車場で、車のマフラーをぶつけたため、同五時ごろ、損傷したマフラーを勤務先で自ら修理した。仕事を終え、同九時に会社を出ている。
家族などの話では、二人は車中で仮眠を取ることが多かった。車のガソリンが空になっており、同署では、マフラーの修理が万全ではなく、親子が仮眠中に継ぎ目などから排ガスが漏れて車中に入り込み、中毒を引き起こしたとみている。

2人は車で情事が多かったのかぁ~何度も逢瀬を重ねた訳ですね。継ぎ目から排ガスがもれるようにしておいて心中ですよ。失楽園ですね!

Home > Archives > 2002-01

Return to page top