Home > Archives > 2002-03

2002-03

妄想やおいニュース

勤務先の同僚に暴行を加え死なせたとして、愛知県警中署は29日夜、名古屋市中区大須2丁目、ホストクラブ従業員坂上崇容疑者(27)を傷害致死の疑いで逮捕した。坂上容疑者は「教育のためにやった」と容疑を認めているという。

マゾ教育の為に殴ったり蹴ったりしたら死んじゃったって、そりゃーやりすぎだよ。そこまでしないと感じないサドさんですか。もしかして首絞めてSEXするタイプですか!?

調べでは、坂上容疑者は29日午前8時ごろ、勤務先の同区栄4丁目のホストクラブの同僚で同区大須2丁目、須貝敏勝さん(38)を店の前の通路に連れ出し正座させ、足で右わき腹や胸をけった疑い。須貝さんは同日午後7時ごろ死亡した。県警は30日、遺体を司法解剖して詳しい死因を調べる。

プレイ内容は蹴りですが、場所がすごいです。店の前の道路です。羞恥プレイです。しかも正座。「僕は道脇のお地蔵です!だから蹴られても文句いいません!もっと蹴って!」とかいうプレイですね。

須貝さんは28日から店で働き始め、29日は午前1時から6時までが勤務時間だった。須貝さんの教育係を務める坂上容疑者が「接客態度や同僚への態度が悪い」と店外で暴行を加えたという。

マゾ教育係ですか。そりゃーもう今まで何人ものマゾホストを輩出してきたのでしょう。いやあすばらしい!これからもがんばってマゾ受けクンを輩出してください。あ、今度はマゾ囚人青年ですね、がんばってください。

妄想やおいニュース

北海道釧路管内釧路町の塗装業の男性(45)を殴るなどしたとして、道警釧路署は28日、傷害容疑で男性の4男の無職少年(16)と5男の中学2年生(14)を逮捕した。
男性が死亡したため、同署は傷害致死容疑で2人を送検する。
調べによると、少年2人は27日午後5時ごろ、自宅居間で男性の顔や胸などに殴るけるの暴行を加えた疑い。2人は119番し、男性は釧路市内の病院に運ばれたが、同日夜死亡が確認された。死因はろっ骨多発骨折による呼吸障害。
男性は妻と別居しており、少年2人と3人暮らしだった。親子げんかが絶えなかったといい、同署で動機を追及している。

ショタ趣味の親父(45)が5男の中学2年生(14)を毎夜犯し、5男を好きだった4男が、「僕たちこのままじゃ・・・」ということで二人で親父をボコったのですね。修羅場です。実際、親父はそのショタ趣味のおかげで妻に逃げられてますし。もしかしたら5男だけでなく、4男も犯されてたのかもしれません。つか、5男、4男ということは、長男、次男、3男もいるわけで、この親父、自分で小作りして少年を生産し、自分の趣味のカバーする年齢まで好き勝手犯し、大きくなったらポイしてるのか!すごい!自給自足ですね!

連絡

今日のやおいなニュースはバーチャルネットやおい美青年こと、c/wのつだけいさんとこで読んでください。
なんて適当な管理人だ。エロゲーなんかしてないでさっさと更新しろ。読者に陳謝するべきだ。
仕方ないので管理人の変わりに私が謝ります。どうもすいません。

  • 2002-03-28 (木)

妄想やおいニュース

家出した男子大学生に声をかけ、相談に乗るふりをして、その裏で誘拐を装って母親から身代金を奪おうとした人材あっせん業者が21日までに、宇都宮中央署に恐喝未遂の疑いで逮捕された。東京都足立区大谷田2丁目、加藤令治容疑者(61)で、都内の主要駅周辺で、日雇い労働のあっせんをしており、同署は余罪を調べている。

相談に乗るフリをして、心に入り込んだ後おいしく頂こうという算段ですか。けっこう頭いいな、アンタ。

調べでは、加藤容疑者は今月中旬、都内で知り合った宇都宮市内の大学生(25)に工事現場などの職を紹介する際、熱心に身の上話などを聞き出し、大学生が家出中と知った。19日午後11時15分ごろ、母親(51)に電話をかけ、「息子さん返してもらいたいでしょう。30万円用意すればお返しします」などと脅し、現金を奪おうとした疑い。

熱心に身の上話をして、頼れるアニキになりたかったんでしょうか。どっちにしても、男子大学生にとっては、かなり頼れるアニキだったと思いますので、変に金とか要求しないで、体目当てだったんなら、それだけにしとけばよかったのに。絶対犯れてたのに。もうイベント条件は揃ってたのに。けっこうバカだな、あんた。

母親は16日に家出人捜索願を同署に提出、20日に同署員が確認の電話をして加藤容疑者の恐喝がわかったという。大学生は都内で働いているところを保護された。

惜しいな~実に惜しいよ。このまま男子大学生は家出してアンタと一緒に愛の巣を築くことができたってのに、あんたが金とかいらん欲を出すからこんなことに。ああ、本当に嘆かわしいよ。

妄想やおいニュース

スポーツ関連にはとんと疎い私ですが、今日はなんとサッカーニュースです。えーと、トルシエっていうと、あれですよね、サッカー日本代表チームの監督。えーと、外人。あと、通訳が戦国時代なの。ホラ!結構サッカーマニアじゃん?顔に国旗のペインティングしたりとか?だてに長居競技場から自転車で20分の所に住んでないっちゅうの!ワハハハ!

サッカー日本代表が、露天風呂からW杯に出陣する。あす21日のウクライナ戦(長居)に向けた今回の合宿では、大自然に囲まれた露天風呂がイレブンに好評だ。宿舎に戻れば「裸のつき合い」でコミュニケーションを深めている。厳格なフィリップ・トルシエ監督(46)も入浴タイムだけはフリーにし、心の連携強化を図る。監督お気に入りの純和風宿舎の特性を生かし、日本が世界に挑む。

あー文章が長いので適当に省略します。要するに、露天風呂はイレブンの裸が眺められてお気に入りだ、とトルシエ監督が言ってる訳です。

一夜明けた19日、選手の言葉も弾んだ。「風呂につかっていろんな話をしました。サッカーのこと、私生活のこと…。みんな風呂好きなんですよ」と話したDF宮本の顔は、自然にほころんだ。温泉好きのMF中村も「今までと違って『和』という感じ。こういうの、好きですね」。肩まで湯船につかれば、練習で疲れた体を癒やすだけでなく、心を解きほぐす効果もある。

俺、最近トルシエが気になってさ・・・とかトルシエに怒鳴られるとドキドキする・・・とかトルシエにビンタされたい・・・とか俺はむしろ通訳に萌え・・・とか露天風呂でチョッピリ大らかになった選手達がトルシエに対する隠された想いを告白です。

食事やミーティングの時間には厳格なトルシエ監督も、入浴時間だけはフリーにした。この日の早朝練習後も、タオル片手に露天風呂に直行した選手がいた。ビデオやゲームがあるリラックスルームも用意されているが、W杯でも露天風呂につかりながら、本音トークでチームは一丸態勢をつくり上げる。

大人気のトルシエですが46歳にもなるとそんなに大勢には相手にできないらしいです。しかし、早朝練習後に露天風呂に行くと、トルシエと一緒に露天風呂に入ったり、トルシエとプレイできたりするイベントが発生します。

タオル片手に露天風呂に直行した選手

はそのイベントを見るために直行したんだと思います。先着順なので。
ちなみに早朝練習後喜んで露天風呂に行っても、早朝練習でトルシエに怒鳴られていると、露天風呂には通訳ダバディーが待っています。彼は総攻めなので、どんなに頑張っても掘られてしまいます。気をつけましょう。

Home > Archives > 2002-03

Return to page top