Home > Archives > 2002-10

2002-10

妄想やおいニュース

英国で12歳の少年が強風で倒れてきた大木の下にいた16歳の兄を突き飛ばして救い、身代わりとなって死亡する悲劇があった。悲嘆の兄は「せめて弟の勇敢な行動を世界の人々に知ってほしい」と報道機関に訴え、国民の間に感動が広がっている。

か、感動です!すばらしいです!ハウス名作劇場です!物語みたいです。

死亡したのは英東南部ノルウィッチに住むクリストファー・ビンス君。低気圧の通過で強風が吹き荒れた27日の日曜日、クリストファー君は兄のベン君と妹のジェシカさん(10)と自宅近くの森に散歩に出かけた。飼い犬の「ジャック」も一緒だった。3人は風で吹き飛ばされる木の葉を見るのが目的だった。

絵的にすごいイイです。舞い散る木の葉を見ようと森に行くんですよ!兄と弟と妹と犬で。ポイントは犬です。しかし、このあと衝撃の事件が!

数本の木が倒れ始めたので帰宅しようとしたとき、クリストファー君が「危ない」と叫び、前を歩いていたベン君の方向に向かって突進。高さ約9メートルの大木が兄弟を目がけて倒れ込んだが、クリストファー君がベン君を突き飛ばした。ベン君は足を打っただけで助かったが、クリストファー君と飼い犬「ジャック」が木の下敷きになり死亡した。

まるでアニメか何かのワンシーンです。これが実話なんて。感動。

ベン君は「弟ではなく、僕が死ぬはずだった」と駆けつけた父母に泣いたという。両親は「いつもクリストファーは家族にやさしい子供だった」と兄の犠牲になった息子を悼んだ。英国の報道機関はクリストファー君の勇気をたたえている。強風による倒木などで英国ではクリストファー君を含め9人が悪天候の犠牲者となった。

兄もすごくイイです。心優しい子です。
はっきりいってやおいとかいらないです。普通に萌え。感動。

妄想やおいニュース

神奈川県警幸署は18日、わいせつ目的略取などの疑いで、川崎市幸区塚越、電気工小宮茂容疑者(50)を逮捕した。
調べでは、小宮容疑者は17日午後3時25分ごろ、自宅アパート前の路上を歩いていた幸区内の小学3年の男児(9)の腕をつかんで自室に連れ込み、わいせつな行為をした疑い。

腕をつかんでとか、そういうところだけ具体的です。それよりもわいせつな行為というほうを具体的にしてほしいです。もしくは、腕をつかむまでの、強引な50歳と小学三年生の駆け引きなどを具体的にしてください。やおい的にはそこが一番重要です。
弱気なおとなしい小学三年生の腕を無理やりつかんで部屋へつれこんだのか!?それとも、小学三年生に
”オジサンいつも僕を見てるよね・・・僕が知らないとでも思ってたの?僕は知ってるよ・・オジサンがいつも何を考えながら僕を見てるのか・・・。ふふっ・・・僕を、どうしたい・・・?”
と、かどわかされて暴走した50歳が強引に腕をつかんで部屋へ連れ込んだのか!?
これはやおい的には全然違うわけですよ!どっちなんですか!

小宮容疑者は容疑を認め「かわいいので連れ込んでしまった」と供述している。男児とは顔見知りだったという。

やっぱり顔見知りは強いですね。かわいいオトコノコと信頼を築いたところで、了解を得た上での行為。理想ですね。
まぁ、どうやって顔見知りになるかが問題なのですが。

妄想やおいニュース

写真一発ネタなのですが。

〔写真:「シンジ、いいパスくれよ」「OK、決めてくれよな」…という会話が聞こえてきそうな、高原=右=と小野のツーショット〕

という、すごい妄想を掻き立てられる写真説明。ブツはコレ。

というか、サンスポにはやおいスキーがいると見た!(゚д゚)

妄想やおいニュース

炎多留II 魂のパッケージは・・・なんと2種類!!

黒いのと白いのがあります。黒いのがデフォで、白いのは

こちらはソフトなイメージで作成、保管場所やうっかり置き忘れ対応バージョン

とのことです。さすがゲイ向けですね。ゲイじゃないアナタにもいろいろと効果がありそうな白パッケージですが、人生踏み外しちゃった感の強い私は、見た目に破壊力がある黒の方にしたいそうです。

  • 2002-10-05 (土)

妄想やおいニュース

藤木直人さんのイラストとサインがプリントされた特大クッションを100名様にプレゼント!
イラストは、ドラマにもなった人気コミック「OLヴィジュアル系」の作者”かなつ久美”さんの描きおろしです。
他では手に入らない藤木さんのIMAGEオリジナルアイテムです!

ということです。抱き枕ではないみたいですが。世には抱いたら哺乳類失格となってしまう抱き枕なんてものもありますが、コレもある意味人間失格な代物ではないでしょうか。
画像が小さいのですが、コレってどうなの?

  • 2002-10-05 (土)
  • Thanks:

Home > Archives > 2002-10

Return to page top