Home > Archives > 2004-11

2004-11

妄想やおいニュース

愛知県警瀬戸署は7日、児童買春禁止法違反の疑いで同県瀬戸市原山台の無職の男(77)を逮捕した。調べでは、同容疑者は9月19日午後5時半ごろ、自宅で市内の中学2年の少年(14)に現金6000円を渡し、みだらな行為をした疑い。

6000円とかなりの格安です。77歳年金生活には6000円が精一杯だったのでしょうか。世知辛い世の中です。

同容疑者は7月に市内の公園で遊んでいた少年に声をかけ、知り合ったという。同市内で男子小中学生が男に声をかけられたという相談が数件あり、同署が捜査していた。

年金生活で精一杯だった割には結構ヘッドハンティングしていたようです。77歳だと、公園で声をかけても、ぱっと見は、年寄りに親切にする心優しい中学生、と見えるので、なかなか戦略的な意図を感じられます。さすが年の功です。しかし、小中学生は変なおじさんに敏感ですので、すぐにあの公園変なおじさんがいるんだよ〜といううわさが広まりそれが父兄に伝わり警察へ連絡されるので、この77歳は町内会をナメたことが敗因です。ダンディな御爺様が少年を飼うのなら絵になりますが、年金ジジイが6000円で少年を買うなんて絵になりませんのでヤメてください。老い先短いと思ってなんでも許されると思ったら大間違いです。

妄想やおいニュース

男子中学生に忍び寄る魔の手!!

男子中学生にいたずらしたとして、静岡県警浜松中央署は28日、準強制わいせつの疑いで、同県湖西市立湖西中学校の教諭、鈴木利幸被告(48)=強制わいせつ罪などで起訴=を再逮捕した。鈴木容疑者の逮捕は3度目だが、すべて否認しているという。

9/15で書いたニュースの男が三度目の行為に走ったようです。今度は中学生です。小学生がいいのか中学生がいいのかはっきりしてください。

調べだと、鈴木容疑者は6月中旬、浜松市内の海岸近くで男子中学生に補導員を装って声をかけ、近くの防風林に連れ込み、わいせつな行為をした疑い。鈴木容疑者は小学生男児に対する強制わいせつと、10月には男子中学生2人に対する準強制わいせつ容疑で2度逮捕されていた。

また海岸です。海とかスキー場とかでひと夏(ひと冬)の恋とか言いますけど、彼の場合、海に弱いタイプなのでしょうか。前は駐車場だったのですが、防風林とかなり野外感を出すシチュエーションです。今回は一人に絞ったようですが、10月にはまた二人セットと欲張ったことをしていたようです。二人の仲を引き裂くようなことはやめてください!そして自分の趣味で中学教諭になるのなら小学生はやめておきなさい!

その他

ウチの課長のTさん(男・推定35歳)と、隣の課長のSさん(もちろん男・推定32歳)がかなりラブいです。

Tさんはとても多忙です。一日中打ち合わせばかりでほとんど席にいることがありません。Tさんの「一日の予定」という専用ホワイトボードがあるのですが、頻繁にSさんとの打ち合わせがあります。会議室で二人っきりです。
ほとんど席にいないTさんあての電話をウチのチームが主にとるのですが、席はずしの場合「さっきまでいたんですけど、いなくなっちゃいました。多分Sさんの所に行ってるのかと。」というと、ほとんどの方はとても納得してくださいます。たまに「あれ?今日Sさん東京出張だけど」と言われたりもしますが「じゃあ東京まで行ってると思います。」とか適当なことを言っても納得してもらえます。それほどウチの部では公認なのです。
どれくらいラブいかというと、多忙なTさんもさすがに夜8時をまわるとデスクに戻ってきます。そこへ帰り支度をしたSさんがやってきて、Tさんの仕事が終わるのを待ち、一緒に帰っていきます。一緒に帰っていく、と書くより、夜の街に消えて行きます、と書いたほうが官能的でしょうか。もちろん昼ご飯も一緒に行きます。どちらともなく昼になると内線をかけ、「昼いくよー」と連絡をとりあって行きます。Tさんは「単身赴任で一人で飯くうのってツラいんだよ(笑)」といいます。SさんもTさんも単身赴任です。
TさんはSさんのことを「シマちゃん」と呼んでいます。SさんとはTさんのことを何と呼んでいるのか私は残念ながら知りません。
ある金曜日、社内誌にある○○さんのお部屋、というコーナーで、Tさんを取り扱うことになり、社内誌の担当がカメラを渡し、「これでお部屋の写真をとってきてください、できればSさんがいる時に!」「週末はシマちゃん東京に帰るよ〜」「あら残念、Tさんは帰らないんですか?」「うん僕仕事」「寂しいですね」「えぇえ・・っ!?」週末のお互いの予定までバッチリ把握です。あまりにラブいので周りもみんなTさんとSさんのことを茶化します。茶化しているだけなのに、必死に否定するので余計あやしいです。「Tさんいないとき電話でSさんとこいってるっていうと大概みんな納得してくれますよ」と言われて「それ言っちゃダメー!他では言っちゃダメー!」とか、「SさんっていつもTさん家いるんですか?」と言われ「そんなことないよ(苦笑)いつもいるわけじゃないよ」「じゃあ結構いるんですね」「だからいないってば(苦笑」とか。まだ「俺たちデキてるから〜」と冗談っぽく言ってくれるならアレですけど、すごく否定なさるので妄想大暴走です。

特にウチのチームの妄想はひどいです。男2人女3人のチームですが、SさんからTさんに電話があり、「えーと、MKD打ち合わせって書いてありますけどMKDって何かわかります?」「いやわかんないなぁ。じゃ改めますー」という電話の後はチーム内で「きっと今日Tさんに聞くんだよ」「ああ今日も夜飯一緒にいくからな」「Tさん、MKDってなぁに?それはね・・・って。」「うわラブいな」「かなりな」とか仕事しながらそんな会話です。チームリーダー(男)が「Tさんと昼飯いってくる」というと「だめじゃないですか!SさんとTさんの邪魔しちゃ!」とチーム内から言われ、帰ってくると「Sさん昨日Tさん家泊まったんだって」と新たな情報をもたらし「デキてるんだから当然じゃないですか」と言われます。
一番すごかった(ひどかった)ときは、Sさんが病欠したとき、Tさんは昼から外出でそのまま直帰という予定でした。「あれ、Tさん直帰ですか」「あぁSさんのお見舞い行くんだよ」「ああなるほどね」「おかゆ作らなきゃだめだし」「そっかぁ」こんなチームです。そしてその日のTさん宛ての電話は「Tは直帰でSさんのお見舞いに行く予定です」と当然のように言い、それで電話かけてきたみなさんは納得されました。次の日Tさんは「いろんなところでSさん大丈夫ですかって言われた(苦笑」と言っておりました。

  • 2004-11-02 (火)

Home > Archives > 2004-11

Return to page top