Home > Archives > 2005-08

2005-08

妄想やおいニュース

ピュアなのか天然なのかその辺の境界線が怪しい少年たちのニュースです。

28日午前2時20分ごろ、長野市北長池の長野市オリンピック記念アリーナ、通称エムウエーブの屋根に長野市の16−17歳の少年3人が登り、滑落した。3人は病院に運ばれたが、17歳と16歳の高校生2人が腰椎(ようつい)骨折や全身打撲の大けが、16歳の無職少年が軽傷を負った。

エムウェーブってのは、ナウシカの王蟲みたいな形の建物です。

アリーナは、長野冬季五輪のスピードスケート会場となった施設。外観がM字形をしているため、エムウエーブと呼ばれている。

だそうですが、この屋根、登るにしては結構ハードじゃないですかね?

長野中央署の調べによると3人は、約43度の急斜面になっている外壁から屋根に登った。屋根は高い場所が約45メートルで、3人は屋根から外壁を滑り落ちた。3人は「夜景が見たかった」と話しているという。

夜空を観にいこうなんて、この青春っぷり!夏休みも終わろうかというとこで最後の思い出作りですよ。まぁそれも今年最大のしょっぱい思い出という結果に終わるわけですけど。

そもそも、夜空を見るためになんでこんなところに登ろうということになったのかがわからないので、むしろ滑り落ちるのが目的だったに違いない。一人を二人が取り合ってる状態で、俺とお前が危険な状態になったとき、あいつはどっちを助けるのか!?それで勝負だ!みたいなことになって、夜空を見ようとか言ってエムウエーブへ誘い出し、夏の星空を見上げながら僕たちいつまでも3人仲良くしようね・・・とか言ってるところで、突如クリフハンガーごっこに突入!ああ、僕にどっちか片方だけを助けるなんてできない!と欲張った結果、全員滑り落ちてドロー!恋のトライアングルバトルはついに病院へとステージを移す!院内デートの座をかけて二人が松葉杖を手に血で血を洗う最終決戦!僕のために争うのはやめてよー!次回、全身打撲の恋!お楽しみに!

妄想やおいニュース

各メディアがさんざん騒いでいたので、当時はスルーしていたピアノマンのニュースですが、こういうオチなんだったら最初っからそういってくれれば・・・!

海岸をプラプラ歩いてるところを保護されたけど、一言もしゃべらないので紙とペンを渡してみたらピアノの絵を綺麗に書くので、ピアノに触れさせてみたらものすごい演奏をするけど依然身元不明でしゃべらない男、ということで一躍世界に名を轟かせることになったピアノマン・・・だったんですが。ZAKZAKによると、

当初はプロ級と伝えられたピアノの腕前も実際は同じキーを繰り返したたくぐらいで、男性もそれほどうまくないことを認めたという。

ってそこ一番重要なとこじゃないかよ!!ピアノマンがピアノマンでなくなる瞬間、ですね。

で、結局真相は、というと、

男性はパリで働いていたが、職を失い、高速列車ユーロスターで英国入り。英南東部ケント州の海岸で保護された際は自殺しようとしていたと話し、渡された紙にグランドピアノの絵を描いたのは「最初に頭に浮かんだから」と説明したという。

無職になった失意で海岸をプラプラしてただけなのに、おせっかいが保護とかしちゃうから魔がさして一芝居うってみることに、ということっぽいです。しかし、ZAKZAKの新しい記事で、妄想801ニュース的にものすごく重要なことが。

男性については21日、英紙は「男性が『ドイツ出身の同性愛者。精神障害者を装って医者をだましていた』と告白した」などと報道。ドイツの地元メディアなどは本人の身元捜しに躍起になっているが、同省は「個人情報は一切公表できない」としている。

なんとピアノマン同性愛者。腐女子的には「王道」って感じですかねえ。ピアノマンの写真もソレっぽかったしなぁ。

きっとピアノマンは、パリの職場に彼氏がいたんですよ。しかし振られてしまったピアノマン、職場に居辛くなって勢いで退職。無気力のまま列車に乗って傷心旅行へ。ここで自殺したらアイツは僕の事一生忘れないでいてくれるだろうか、とか考えながら海岸を歩いていたところを保護されたわけです。ピアノの絵を描いたのは、彼氏がピアニストだったんですよ。ピアノマンはいつも彼氏の弾くピアノの横にいたんです。俺のために奏でてくれる彼の愛のセレナーデですよ。まぁそんなわけで未練タラタラでしゃべる気力もなくしていたら、なんだか世界中に有名になっちゃって、別れた彼氏が迎えにきてくれるかも、と淡い期待を胸にだまりつづけるピアノマン。しかし、あれから数ヶ月。彼氏から何の音沙汰もないまま、振られた傷も時間が癒してくれて、やっと諦めがついたピアノマンは新しい恋にドイツへ帰還。
という同人的妄想をしてみたんですが、誰かこのストーリーを同人誌にしてくれませんか。

その他

今年の高校野球は、明徳義塾の棄権で、繰り上がって「自転車男」の高知高校の甲子園出場で、色々話題も熱いですが。(結局、自転車男はネタなんですよね?)

最近やおい系ジャンルで、大きく成長をし続けているらしい「おおきく振りかぶって」というアフタヌーンで連載中の高校野球漫画ですが、これにハマっている女子は、23時からテレビ朝日系列でやってる熱闘甲子園を見るべき!

試合の内容よりも球児たちの裏側取材のほうがメインの番組なので、きっと妄想過多な女子の心にクリーンヒットするはずです。コミケ前でバタバタしているかもしれませんが、見て損はないと思います。この漫画で高校野球に興味もって、今年の高校野球中継をがんばって見ている人もいるかもしれませんが、中継自体より熱闘甲子園のほうが腐女子向きです。投手と捕手の友情とかありきたりな所から、個性的な応援団長や控えの選手まで、取材対象は青春味のするところオンリー。かなりわざとらしく「泣かせ」にかかる演出もあるのですが、そこさえ目をつぶれば萌えだらけです。熱闘甲子園ではほんとにハイライトしか試合は放映されないので、中継を見ておいて、それを思い出しながら感動するってのが一番ですが、昼間はみなさん忙しいと思うので、23時からの熱闘甲子園だけ見ておいてもOKだと思います。
報道ステーションが終わったらテレビにかじりつけ!

  • 2005-08-11 (木)

Home > Archives > 2005-08

Return to page top