Home > Archives > 2006-04

2006-04

妄想やおいニュース

ビブロスの続報ですが、アニメイトに売却されたそうです。アニメイトで新会社を立ち上げて出版事業をするんだそうで。なんでまたアニメイト、という気はしないでもないですが。

【続報】アニメイト、出版関連子会社3社と新会社

ビブロスのビーボーイ関連の出版事業を引き継ぐアニメイトは、ムービック、フロンティアワークスなど子会社3社との共同出資で新会社を立ち上げる考えだ。社名、社員数、発行物、事業開始日などの詳細は未定だが、主力マンガ誌「BE×BOY」などを早い段階で出版していきたい意向。記者の「6月にも出版すると言われているが」との質問に、新会社の関係者は「可能であれば」と回答した。
設立される新会社にはビブロスの債務は一切継承されない。書店や倉庫にある在庫についても「新会社が引き継ぐかたちにはならない」(同)としている。

ちなみに、こないだいくつかビブロスの本を置いてる本屋をまわったところ、本屋にある在庫は売り切りという形が多く、倒産した旨の注意書き等が張ってあるところが大半でした。まんだらけは早速買い取り強化してる店舗もあるようで。

  • 2006-04-21 (金)

妄想やおいニュース

ボーイズラブコミックスを中心にコミックスを出版していたビブロス(青磁ビブロス)が4/5に破産申告をして、倒産となったようです。

Wikipediaによると、

ビブロス本体の業績は好調だったものの、ビブロス社長の山本裕昭が代表取締役を務めていた、自費出版を中心に扱っていた出版社である碧天舎が経営悪化し、2006年3月31日に自己破産申請を行い倒産したのを受け、関連会社であるビブロス及びBL系アンソロジー出版社のハイランドの2社も同年4月5日、東京地裁に自己破産を申請した。

とのことです。

これにより、ビブロスのサイト(http://www.biblos.co.jp/)にアクセスしても

株式会社ビブロスは、2006年4月5日、自己破産の申立を致しました。
突然のことで皆さまにご迷惑をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます。

と表示されるのみ。
b-Boyのサイト(http://www.biblos.co.jp/bboynet/)も

株式会社ビブロスは、2006年4月5日、自己破産の申立を致しました。
それに伴いまして、当サイトも閉鎖させていただくことになりました。
突然のことで皆さまにご迷惑をおかけいたしますことを、深くお詫び申し上げます。
皆さまには、ながらくご利用いただき、本当にありがとうございました。

と閉鎖コメントを掲載。
その他コミックのページやオンラインショップも軒並み閉鎖となっています。

ボーイズラブでいうとb-Boyシリーズは一大勢力だし人気作家も多いんですが、現在出版しているコミックスとか小説とかどうなるんでしょうねー。また生原稿流出問題とかにならなければいいですが。
内田かおるファンのワシとしては、ずっと麗人(竹書房)で描いていた内田かおるの本で始めて巻数がついた本出したのがビブロスだったので、それがどうなるのかが一番問題です。
一時期話題になった、全国統一オタク検定試験やったのも、ビブロスでしたっけ。こっちのサイトはまだあるみたいです。(http://www.otaken.jp/

  • 2006-04-06 (木)

Home > Archives > 2006-04

Return to page top