Home > Archives > 2006-06

2006-06

妄想やおいニュース

珍しく清純っぽいタイトルです。「15歳カレ」の魅力的な響きが素晴らしいですね。さすがZAKZAK。

甲府署は7日、脅迫の疑いで甲府市の同市立大里小学校教諭の男(44)を逮捕した。

冷静に考えると脅迫の疑い以前に、彼氏が15歳なんだから青少年保護条例に抵触するだろと思ったけど、ここはフィクション的に愛があれば大丈夫!なんですよね!
でもこの44歳は小学校教諭なので、今は15歳カレかもしれないけど、出会いは当然小学校なわけで、つきあい始めたのはいったい何歳のショタなんだろうと考え始めるともっとファンタジーが加速します!

調べでは、教諭は5月から6月にかけ、以前から好意を抱いていた同校卒業生の少年(15)が自分を遠ざけるようになったことに腹を立て、少年の携帯電話に「暴力団がおまえを捜している。おれの言うことを聞かないと痛い目に遭うぞ」などという内容のメールを十数回送り、脅した疑い。

教諭は「少年と離れるのがつらかった。よりを戻したかった」と容疑を認めているという。
44歳のわりに行動は子供くさいし言い訳までピュア。きっとそこが15歳カレのイメージと違っていたんじゃないかと思います。15歳カレは「大好きな先生とコイビトなボク♪先生はとってもオトナなHでボクはもうメロメロ〜★」という典型的なショタだったのに、先生のほうはというと「大人の俺だったのに生徒のまっすぐな愛に押されて抱かれちゃう俺」を想像していて、二人とも相手にするタチネコを間違えたということが問題なわけです。ここでの解決策は、お互い少し妥協してリバになるか片方がヘタレ攻めになるかだったのですが、まぁ15歳カレが去っていったということは、きっと良い相手がみつかったということなので、44歳はおとなしく諦めて、理想の相手を探してください。44歳だったらまだオヤジ受けとしては大丈夫ですよ!

妄想やおいニュース

アニメイトに売却されたBE×BOYですが、最新号が6/7にでるみたいです。

出版会社はリブレ出版。BE-BOYのサイトもありますね。7月号発売までのカウントダウンが。
AmazonでもMAGAZINE BE×BOY (マガジンビーボーイ) 2006年 07月号 [雑誌]
で、発売日が2006/6/7になってますねー。書店にも明日6/7に並ぶのでしょうか。

最新号の内容はこちら

祝!復刊3号連続お祭り特大号スタート!!

というアオリが。連載についてはわかりませんが(雑誌読んでなかったので。)、連載している作家陣は、ビブロスの頃と同じですね。あとロゴも。
ちなみに、上記のサイトによると、BE・BOY GOLD 8月号は2006年6月28日発売予定、小説b-Boy7月号は2006年6月14日発売予定 だそうです。

そういや、同人誌生活文化総合研究所さんの5/2のとこに書いてある、

リブレ出版関係者は対外的には口を揃えて「アニメイトにはバックアップをしてもらうが、グループ傘下には入らない」という説明を繰り返している。
(中略)
アニメイトとしては明確に「子会社」の位置づけであることを表明しているのだが、「子会社」ではあるが「グループ」には入らないという有り様は正直よくわからない。

ということなんですが、実際役員とかどうなったんでしょうね・・・。

  • 2006-06-06 (火)

その他

腐女子を彼女にしたら・・・云々

10あるそうですが、(萌えプレさんだと、12ある)そんな項目も何も、

「この女は、自分の彼女であって、腐女子だ。」

ということを重々肝に銘じていただければ。そういうナニなことがあっても「腐女子だしな」と言えることだと思いますが。それが覚悟。理解の範疇を超えることが多々あると思いますが、そういう時は笑って呆れて、それでも好きでいればいいんじゃないですかね。

つーか、そんなに重く考えなくてもさ、二次元のやおいくらいならいまどきの男子は許してくれそうな気がしますよ。なんつうか、そういう時代?オタク男子なら、二次元に萌えている、という所は同じなのである程度許容してくれそうな気がしますよ。となりの801ちゃんは、寛容な彼氏の例だけど、これもう全然珍しくはないんではないかと思うわけですよ。つきあい初めてからやおい趣味が分かるとちょっとしんどいかもしれないけれど、たかがやおいごときが原因で別れるくらいなら最初っからつきあわないほうがいいぜー。

そういう意味で危険なのはワタクシのような、三次元にガンガン萌えるやおいっ子ちゃんじゃないでしょうか。道行く二人組みの男達を見ては「さっきのアヤシイわー」とか言いますし、彼氏が「あー、昨日は○○(仲のいい男友達)と朝まで飲んでたー」とかいうとニヤニヤしてしまいますし、TVを見ていても「このお笑いコンビはラブラブなんだよー決まってるんだよー(わたしの中でな)」とか言いますし、さすがにコレらについてこい、というのが無理な話なのはこっちだって分かってるさ。三次元やおい可ということは、常にオールオッケーな状態というか、脳内やおい回路のスイッチの接触が甘くできてるちょっとした不良品なので、本人ですら心構えなしにバチーンとONに入るときがあるのでちょっと困りもの。

あと関係ないけど、萌えプレさんのカミングアウトデッドラインの図にならうと、ワタクシの場合はこんなかんじ。

きわどいのはまぁOKだけど、あからさまなのはダメ。ですね。さすがに自分から話したりはしませんが、聞かれたら答えます。
あと、これは一般人に対してであって、彼氏やオタク友達にはデッドラインないです。
人を選べば、きっと、大丈夫。恋愛も、友達も。。。

Home > Archives > 2006-06

Return to page top