Home > Archives > 2007-08

2007-08

BLアニメ・BLコミック

皆様いかがおすごしですか。今年の夏コミはいかがだったでしょうか?

私はというと、7/20に発売された鬼畜眼鏡っていうBLゲームを夏休み中ずっとプレイしていました。

あんまりBLゲームはやらない方なのですが、あまりにも直球ストレートなタイトルだったのと(こういうストレートなタイトル好きなんです。うちのサイト名からもわかるかも)、リーマン・高圧的な態度の眼鏡が大好きなのと、久々のヒットの予感がしたので、発売日まもなくに買いました。がやる暇がなかったので、夏休みかけて一気にプレイしました。

まだ回収できていないCGといくつかのルート(あと3つ程BADルートを逃してるっぽいです)が残ってるので、フルコンプとまでは行ってないんですが、なかなか面白かったです。
男同士っていう前提概念がふっとんで話が進むところとか、鬼畜に犯されただけで好きになってくるとか今風なところもありますが、眼鏡かけるかかけないかで受け攻めが決まるので、キャラ攻略わかりやすいですし、眼鏡の設定もなかなか面白く消化してると思います。全てのキャラに眼鏡(鬼畜)ルートとノーマルルートがあるのかと思ったら、特定のキャラにはどちらかしかないようで、それがちょっと残念でした。あとは、タイトルにインパクトがあるわりに、さして目新しいものはないところが少し物足りなかったですね。古臭い感じもあるし、エロ的にもSM的にもそれほど鬼畜でもないですし。鬼畜度は俺の下であがけと同じレベルくらいでしょうか。もうちょっとエグみがあってもよかったなーと思いました。

それでも、眼鏡克哉×御堂は恐ろしくツボでした(;´Д`)それだけで買ってよかったと思った。どうやっても結局はレイプ目(*1)になるところとか笑った(;´Д`)そんで、そこからのハッピーエンドになる展開とかもうやばすぎるウヒョー!これ以上ネタバレ的なことは避けますが、一番最初に眼鏡克哉×御堂をコンプしてしまって、後の消化試合っぷりがつらかったくらいです。克哉受けは鬼畜でも眼鏡でもないただのBLだし、鬼畜とはどーやってもどうにもなりそうのないキャラとどーこーなったりとか、BLゲームだからそういうキャラを揃えないとダメなのは仕方がないのかなーと思いますが…ちょっと好みじゃなさすぎて、そのうえにシナリオ長いし、しんどかったです。

あと特筆すべきは主人公「克哉」の声でしょうかね。BLゲームだしそんなに声に期待してなかったので、ソッチのほうは全然調べないままプレイを始めたのですが、例のごとく途中でダメ絶対音感(*2)が発動してわかったんですけれど、この方は声幅も演技の幅も広かったんだなぁと感心してしまいました。(途中ほんとに、このゲームはフランツファンディスクじゃないだろうかと思った。)最近は趣味の一つである、男性声優のアヘ声蒐集もさぼってたんですが、また真面目にやろうっと。

攻略メモでも書くかと思ったんですけど、複雑な分岐するわけでもないし、既にいくつか攻略サイトがあるようだし、フローチャートで(ダイアグラムエディタっていうの?)とったのでテキストに起こすの面倒だしやめておきます(´ー`)

*1 目に光がない状態のアレ
*2 声聞いただけで声優が誰かわかる、もしくは別作品のキャラが思い出されるオタク特有の現象。

  • 2007-08-21 (火)

Home > Archives > 2007-08

Return to page top