Home > Archives > 2008-02

2008-02

実写BL

2006年頃から徐々に実写系BL作品が増えてきて、いくつか紹介したりしてきましたけど、そろそろレビューというかそれぞれ感想を書いてみようと思います。もちろん紹介もしていきますが、観たら感想をかいていこうかなーと。

いままでに色々見て、面白い傾向も見えてきたし、だんだん「なんちゃってBL」ではなくちゃんと「やおい」してきてる作品が増えてるので、もしかしたら今後「ナマモノ」系といわれるジャニーズ系、ドラマ系のジャンルとは別に、実写BLっていうジャンルができるかもしれないなぁと思ったり。

でもこれは一過性の流行にすぎない可能性はおおいにあって、出演する美少年達(JUNONボーイ系とかD-BOYS系とか…)の流行と大いに関係あると思うし、というか今の段階ですでに下火という可能性も!BLを狙って発売されてるDVDもすでに10本近くあるし、それぞれの作品にファンディスク的なものが発売されていたり。でも今後発売を控えているものも結構あるので、いつまで続くかわからないけれど、あるうちはしばらく追いかけてみようかな、と思います。

妄想やおいニュースの「ニュース」としては離れていくかもしれませんが、やおいという大きなジャンルの中でも割とニッチな「実写系」として、そして、「ニュース」にすらやおいを求めてきた私としては、ほっておくわけにもいかないジャンルだなぁ、と思っています。ぼちぼちと暇をみつけては観て書いていきたいとおもうので、見てみたいけどイマイチ地雷臭が消えない…という方や、3次元にはあまり食指が動かない方などは、是非期待していただければと。
というかそもそも純粋なやおい好きが当サイトを見ているのか?というところにいささか疑問が残る気がしますが。わらい。

前置きはこの辺にして、まず先月に発売された2本。

1/21発売の「愛の言霊」

まずパッケージでキスしてるなんて、そんな前のめりな実写BLはこの作品が初じゃないでしょうか。というのも、原作があるんですね、これ。2004年に発売されている紺野けい子のBLコミックスです。
BLコミックスが原作のれっきとしたBL作品!BLを狙ってますどころか、言い逃れできないBLです。もう買って観たんですが、感想はまた別途書きます。

1/25発売の「禁断の恋」

キャストの三上真史はボウケンジャーのボウケンブルー。加藤良輔はおなじみテニミュで木更津淳と木更津亮(双子キャラなので2役)役をやっていた方です。テニミュ青学3代目河村役の渡部紘士も出てますね。あらすじは微妙そうなのに、キャスト人気でそこそこ売れそうだよなぁこれ。

次はこれから発売される作品。
3/21発売の「僕らの愛の奏で」

音楽ものか…。どうも実写BLには音楽とか絵とかいう設定が多い気がする。しかもアポロン音楽大学ピアノ科(笑)
前に紹介したドラマ恋愛診断の翼のカケラの、アントニオ美術大学に匹敵する大学名です。たしかBOYS LOVEの劇場版の学校名もひどかったきがするけど、そういう面白い設定はそれはそれでいいです。キャスト人気があまりなさげなのでちょっと不安な作品。

あと、4月にタクミくんシリーズ劇場版のDVDがでますね

今のところ情報はこのくらいですかね。Amazonにバンバンリンク貼ってますけど、Amazonはデータベースとして便利なので、あまりその辺お気になさらずに。
そういえばドラマの「SP」は明らかにやおい狙いだと思うんですが、DVD買うべきかどうか悩むところです…。

  • 2008-02-13 (水)

実写BL

とっくに絶賛上映中だったんだけど書くの忘れてた(;´Д`)

もう終わってるんだけど、アンコール上映が決まっているところもあるので、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。私はDVD発売を待ちます。DVDは4/25発売です。

タクミくんシリーズ そして春風にささやいて

  • 2008-02-07 (木)

Home > Archives > 2008-02

Return to page top