ホーム > タグ > 悲劇

悲劇

妄想やおいニュース

兄、とか、弟、とか、ステキですよね。
今日は、弟のために盗んだバイク自転車で走り出しちゃった兄のお話です。

広島県警海田署は10日までに、兵庫県相生市で自転車を盗んだとして、窃盗の疑いで、住所不定、無職佐藤誠容疑者(23)を逮捕した。

同署によると、相生市から広島県内に住む弟に会うため、2日間かけて自転車で300キロ近くを走破したが、力尽きて同県海田町の交番に出頭。「父が亡くなったことを弟に伝えたかった」と供述している。

逮捕容疑は5月20日午後2時ごろ、相生市那波野のファミリーレストラン駐車場で自転車1台、約1万円相当を盗んだ疑い。

携帯とかなかったんですかね。メールとか。手紙とか。
このご時世いろいろ方法はあるのに、なぜに自転車。
しかし、どんな事情があるにせよ、父の死を伝えるために弟のところまで自転車で移動しようとする兄!
こんなの走れメロスかRPGゲームの主人公かくらいです。
この後先考えてない必死っぷりに愛を感じます!

ちなみに、兵庫県相生市那波野から広島県海田町まで車で移動した場合の距離をGoogleMapで調べてみました。

大きな地図で見る
Googleマップは山陽自動車道使っちゃってるんで実際の自転車ルートとは全然違うと思いますけど。

そしてその兄の努力の結果…

同署によると、弟の住所まではたどり着いたが、既に引っ越していた。所持金は10円で、「3日間くらい何も食べておらず空腹だった」と話している。

な、なんですってー!!
これで第一部完ですか!?
弟はどこへ!?
短期連載のはずがいつのまにか長期連載になっており、後づけ伏線がたくさん出てきそうな後味の悪いシメですね…
第二期での「兄弟・感動の再会」を期待したいと思います!

妄想やおいニュース

10代半ばは少年?青年?微妙なお年頃、そんな水色時代(やぶうち優)。

12日午前10時35分ごろ、兵庫県明石市野々上のホテル浴室で、若い男性2人が死亡しているのを明石署員が見つけた。浴室内には燃え尽きた練炭があり、同署は2人が自殺したとみて調べている。2人は10代半ばとみられ、宿泊者名簿などから神戸市内と長野県内の少年とみられる。

神戸と長野の遠距離恋愛の末、練炭で失楽園(渡辺淳一)。明石市野々上のホテルって、明石市自体かなり田舎でホテルなんて限られてるのにここまで書いていいのかよ、ここですか?このホテルでホモカップルのお引きずり(心霊現象)が出ればビンゴですね。

調べでは、2人は浴槽の中と外で倒れており、浴室は粘着テープで目張りされていた。チェックアウトしない客を不審に思ったホテル従業員が近くの交番に通報した。ホテルによると、2人は11日午後6時半ごろにチェックインしたという。

中と外ってどっちだよ!と突っ込みかけましたが、一人が中で一人が外という意味か、と理解するまで数分かかった。
ホテルの風呂って大体ユニットバスですよね、スイートでもないかぎり。ということは片方はトイレ側ですね・・・。妄想801ニュース的には二人で重なるように倒れていてほしかったですが、狭い浴室で、安定して座れる浴槽の方をお互い譲り合っていたと考えれば無問題。優しい愛の形です。密閉された浴室の中、薄くなっていく空気、動かなくなっていく体、そして意識が遠のくまで二人は何を思っていたんでしょうか・・・。

ああなんか、間の楔のラストスモーキング思い出した。

妄想やおいニュース

21日午後5時40分ごろ、東京都北区豊島5丁目の公団住宅(14階建て)から男性2人が飛び降りた、と住民から110番通報があった。2人は団地内の路上に倒れ、間もなく死亡した。警視庁によると2人は埼玉県内の別々の高校の生徒で、一緒に飛び降り自殺を図ったとみられる。

男子高校生ふたりが失楽園です。二人で死ぬということはある意味で美しい愛の最終形態かもしれませんが、どんな苦しい状況でも二人一緒だから乗り越えられるよね、というのが真(まこと)の愛なので、いくら男同士ということが周りに認められなくても死んではいけません!その後ろめたさがあるからこそいいんじゃないですか!

王子署の調べでは、死亡したのは東京都小平市に住む狭山市内の私立高校2年生(16)と新座市内の県立高校2年生(17)。私立高校の生徒の手帳に両親あてに「勉強と吹奏楽部について行けなかった」、吹奏楽部あてには「ここまでやれたのはみんなのおかげです」などと書かれたメモが残されていたという。

勉強と吹奏楽部についていけなくても君には愛する少年がいたんじゃないのか!

14階の通路には2人の革靴とスニーカー、かばんや携帯電話が残されていた。双方の親とも2人の関係を知らないと話しているという。

秘密の関係なので知らなくて当然です。親にあんたの息子は男が好きとか高校生という不安定な時期に言える訳ないでしょう!察してあげてください。
それよりも革靴とスニーカーと二人の履物が違うポイントは吹奏楽部の私立高校生が革靴で県立高校生がスニーカーですこれ絶対そうです決定事項ですセンター試験にでます。真面目一直線の吹奏楽部の私立高校生に、青春謳歌中の県立高校生が一目惚れして、吹奏楽部の私立高校生は県立高校生に勉強以外の楽しい高校生のアソビとかもちろんエロいこととかも教わりうっとおしいと思いつつも愛が芽生えていったのです。
ココまで書いて秋月こおの「やってらんねぇぜ!」思い出した(;´Д`)

Amazon:やってらんねぇぜ!

妄想やおいニュース

英国で12歳の少年が強風で倒れてきた大木の下にいた16歳の兄を突き飛ばして救い、身代わりとなって死亡する悲劇があった。悲嘆の兄は「せめて弟の勇敢な行動を世界の人々に知ってほしい」と報道機関に訴え、国民の間に感動が広がっている。

か、感動です!すばらしいです!ハウス名作劇場です!物語みたいです。

死亡したのは英東南部ノルウィッチに住むクリストファー・ビンス君。低気圧の通過で強風が吹き荒れた27日の日曜日、クリストファー君は兄のベン君と妹のジェシカさん(10)と自宅近くの森に散歩に出かけた。飼い犬の「ジャック」も一緒だった。3人は風で吹き飛ばされる木の葉を見るのが目的だった。

絵的にすごいイイです。舞い散る木の葉を見ようと森に行くんですよ!兄と弟と妹と犬で。ポイントは犬です。しかし、このあと衝撃の事件が!

数本の木が倒れ始めたので帰宅しようとしたとき、クリストファー君が「危ない」と叫び、前を歩いていたベン君の方向に向かって突進。高さ約9メートルの大木が兄弟を目がけて倒れ込んだが、クリストファー君がベン君を突き飛ばした。ベン君は足を打っただけで助かったが、クリストファー君と飼い犬「ジャック」が木の下敷きになり死亡した。

まるでアニメか何かのワンシーンです。これが実話なんて。感動。

ベン君は「弟ではなく、僕が死ぬはずだった」と駆けつけた父母に泣いたという。両親は「いつもクリストファーは家族にやさしい子供だった」と兄の犠牲になった息子を悼んだ。英国の報道機関はクリストファー君の勇気をたたえている。強風による倒木などで英国ではクリストファー君を含め9人が悪天候の犠牲者となった。

兄もすごくイイです。心優しい子です。
はっきりいってやおいとかいらないです。普通に萌え。感動。

Home > Tags > 悲劇

Return to page top